4~6月が一年で一番しんどい時期らしく、周囲の空気がやや重くなってきました。仕事に緊張感があるのは大切なことですが、それがマイナスに作用するのはいかがなものかと思います。私自身が嫌な思いをしたわけではありませんが、「この時期に仕事を増やすなよ、ぜったい。」的な空気が流れているのが重いです。

でもこういうのもカルチャーだから、それがすごく嫌だとか、全然気にならないとか、そいうのも相性なのでしょう。会社って結局その空気感を共有できる人が残るのかなと。他の部署で頑張ってる人が「もっと会社に貢献したい」と言っているのを聞いて、自分との差を感じられずにはいられませんでした。