売られたケンカを買わない勇気

本を読んでいて、売られたケンカを買わない勇気について考えさせられました。

私は気が短いので、売られたケンカはとりあえず買うような人生を送ってきました。自覚は無かったのですが、どこかでスルーすることを覚えたら非生産的な怒りの無駄に気づきました。

いたずらに攻撃な態度をとる人たちにまだイラっとすることはありますが、早くそういうケンカを売る人に同情するレベルになりたいです。(私もこれまでの人生、同情されていたのかなぁ。)