100%の仕事を120~150%で返すか、300%の仕事を0~80%で返すか

   

最近、職場でちらちらとと「責任感が強いんだね」と言われるようになりました。最初は褒められてるのかと思ったのですが、周囲の発言を注意深く観察していたら、それはこの職場の仕事の仕方が無責任という状態の裏返しでした。

無責任は言い過ぎかもしれない。でも、キャパシティを超える仕事もとりあえず受けて、どうにもならなくなったら優先順位つけて下の物を切っていくというスタイルであることに気づきました。

私の仕事のスタイルは、自分ができる100%の仕事を努力して120~150%で返すこと。しかしこの会社は、300%の仕事を渡してそれを0~80%で返すのです。だから、必死こいて120~150%で返そうとする私は「責任感が強く」て「要領が悪い」「バカ正直者」なのです。自分の価値観を覆されるような感覚です。私は0~80%で仕事を返す人を信用できません。(0%だったら頼んでコミットした仕事をやらないってことですから。)

私なりに考えたのですが、どちらのスタイルが正しいということも無い気がします。ただ、一緒に仕事するとストレスを感じるのは間違いないでしょう。周囲の人にとって私は300%の仕事を受けたくないので「仕事をしない」人になるでしょうし、一方で私は0~80%でしか返さない人を信用できないですから。

あーあ。私は一体どうすればいいんでしょうか…。自分がなりたくない人間にはなれないです。かといって一緒に仕事すれば私がパンクする…。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他