働く動機の大切さ

   

先週からサービス残業のことでもやもやしていたら、不思議とそれにまつわるトピックが耳に入るようになりました。

日曜日にM邸でご主人が残業がサービス残業であっても自分の納得いく仕事をする、と言っていたことは書きましたが、結局働く動機はお金だけじゃないということだと思います。

昨日のTED(ETVのプレゼン番組)のダニエル・ピンク「The puzzle of motivation」はまさにそういう話でした。さらに、今日の日経ビジネスオンラインでエバーノート日本法人会長の記事がIT業界の人材争奪戦の話の中で同じようにモチベーションの喚起の方法について書いていました。

私、わかってたつもりだったのですが、忘れてました。一時期仕事が退屈で、お金のためだけに働いていた時期に、本当に大事なことに対する思いが鈍ってしまったようです。私がやりたいことは何か。実現したいことは何か。それが本当に楽しめれば、それで満足できる人間だと思う。場合によってはお金が後からついてくるかもしれないし、ついてこなくても本当の意味での満足ができるはずです。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他