10+10は20じゃないのが職場

   

今読んでる自己啓発本に面白いことが書いてありました。手元にないので正確には覚えていないのですが、マネージメントに関する記述で、人のリソースで10+10は20ではないというのです。

上司が10のリソースをもっていて、さらに10のリソースを持つ人を部下として持った時、それぞれがお互い管理するリソースと管理されるリソースが-4ずつされて、結局二人いても20ではなく12のパフォーマンスになるという理屈です。-4は少し大きい気がするのですが、管理し管理されるリソースがそれぞれからマイナスされるのは事実だと思います。少なくとも仕事を始めたばかりとか、新しい仕事を始めるときはそういった点に負荷はかかると思います。

理屈では当たり前ですが、意外と盲点なんじゃないかなと思いました。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他