かぼちゃと豚のピリ辛炒め、えびとキャベツの豆乳スープ、春雨サラダを作りました。


かぼちゃと豚のピリ辛炒め、えびとキャベツの豆乳スープ、春雨サラダを作りました。久々の料理です。

かぼちゃ+豚はカゴメの広告レシピだったのですが、これが大ヒットでした。普段何を食べても滅多にほめない父親が開口一番「うまい」とこぼしておかわりまでし、母親も一口食べた途端速攻パックに詰めてお隣さんにおすそ分けしてました(笑)。いや、自分でもおいしなぁと思ったのですが、家族のここまでの好反応は滅多にないです。ちなみに生姜、ニンニク、ネギ、唐辛子のみじん切りがたっぷり入っていて、冬に食べたら風邪をひかなそうなパワフルなレシピです。

しかしえびとキャベツの豆乳スープは不評。これ、何度か作ってて自分的にはお気に入りだったのですが、今日はダメだったなぁ。春雨サラダは普通においしかったです。父親が酢のものが嫌いなので酢は控えめでした。鶏ガラでのばしてます。

*買った食材:豚肉(512円)、むき海老(493円)、長ネギ(283円)、ニンニク(283円)、玉ねぎ(283円)//合計:1,854円

サンデーランチ@銀座


今日はお土産渡しを名目に、スペイン語のA先生とK子さんと銀座でランチしました。

A先生と会うのは久しぶりで、Facebookでなんとなく近況は目にしていたものの、とても素敵な職場で新しい仕事を始めていました。ちょうど前の仕事の契約の続きがあいまいなとき声がかかったそうで、やっぱり優秀な人は引く手あまた!と思いました。

近況を報告しあった後、アルゼンチンの旅行話。先生もイグアスの滝に行ったことがあるそうで、二人でK子さんに「行くべき」とごりごりとプレゼンテーション(笑)。あと、最近のアルゼンチンやコロンビアの情勢なんかの話が聞けて興味深かったです。(※ここ10年くらいでコロンビアは急激に治安がよくなったと聞くのですが、現在の大統領はゲリラとの戦いの手を止めない一方和平交渉も進めるようなやり方をするらしい。コロンビアにいられなくなったマフィアやゲリラはメキシコや、某チャベス大統領の国に流れたりしてるそうです。あと、アルゼンチンはいろいろ豊かな国なのに今の大統領のやり方が悪くてもったいないとのことでした。)

ネットで選んだランチもなかなかおいしいし、久しぶりに3人で会えてとても楽しい時間が過ごせました。11月には先生のお宅訪問も決定!楽しみです!!

なんてんcafe@要町


昨日、友達のおじゃと池袋付近でお茶しようということになったのですが、ネットでお店調べてたら要町に素敵なカフェを発見したので要町に行ってきました。「なんてんcafe」さんです。

鯰組という建築事務所さんが作ったカフェで、一階がカフェ、二階が事務所。築65年の木造住宅を改修してできた建物は、古き良き日本の家屋そのままで、大変落ち着く素敵な空間でした。小腹がすいてた私はカレーをいただきました。マイルドで煮込まれた鶏肉がとろとろでおいしかったです!素敵なお店、近所に欲しいな…。わざわざ足を運ぶには微妙な場所なのよね。

ところで、おじゃは私のアルゼンチン旅行写真を全部見てくれました。肉の塊を3回見せたところで「これじゃ逆流性胃腸炎になるよね…」と言われました。アハ(笑)。

北海道フェア・ブッフェ


夜、会社の部署の人たちと北海道フェア・ブッフェに行きました。
このお店、恐らくもともとおいしいんだろうけど、ただいま北海道フェアで豪華食材が山盛りで大変でした。何もかも食べたいけど食べきれない。やはり魚介がおいしかったです。サーモンはもちろん、あわびも食べた。某国で禁止になったフォアグラも食べた…。ピータン(北海道関係ない?)は3皿食べたぜ。

でもってデザートもすばらしく。


カラフルなロールケーキたち、かわいく積み上がってたのですが、どれを食べてもおいしかったです。フレーバーもちゃんと北海道らしくハスカップ、マスカルポーネ、かぼちゃ、メロンなどでした。

来週もランチに来てしまいそう。というか、すでに他部署の人に打診中(笑)。

病院と採血の夢と保険の話

なんだか体調不良の陰気な話ばっかりですみません。もうほぼ復活したんですが、思い出したように咳が出ることがあります。そして昨晩は病院と採血の夢までみました。採血量が多くて手がしびれたので途中でやめ、またあとで続きをやりましょう…なんて嫌な夢。直後に目が覚めたら腕が体の下にあって、それでしびれてたみたいです。そういえばもうすぐ定期通院の日だわー。前回採血したから今回はないだろうけど。

そう、あと保険の話。代理店の方に2社の計4商品を案内してもらったのですが、希望する会社の商品の利率が悪くて、しかも申し込んだら持病のせいで割増しの可能性があると聞いて悩んでます。今回は保険というより貯蓄目的なので、返戻率だけで比較するとわかりやすいとアドバイスいただいたのですが、それで比べちゃうと入りたくない会社の方になってしまうんです。なんか、もっとすっきり決められると思ったのにな…。

保険の話

諸般の事情で保険の加入を検討中です。

先日、代理店の方とお話したんですが、やっぱり保険って持病ありの人には厳しいなぁと改めて思いました。医療保険も部位不担保付だったのですが、今回の保険は入れても保険料割増の可能性ありとのこと。

まぁ、保険のビジネスモデルを考えれば当然です。しかし保険にはあんまり興味無かったのですが、入れないと言われると入りたくなる不思議(笑)。単なる無い物ねだりかな。

そして、周囲には私よりリスクが高そうな人が保険に入ってますが、その辺はさじ加減なので仕方ないでしょう。

逆流性食道炎

妙な時間の更新です。(寝落ちして起きたところ。)

昨日、仕事の後に病院に行って血液検査の結果を聞いてきました。肝機能系の数値から、マイコプラズマや百日咳の陽/陰性をみる項目があったのですが、血液からみるものはすべて正常でした。

…というわけで、診断名「逆流性食道炎」とのことです。

咳以外の症状、たとえば胸やけのようなわかりやすい症状はないのですが、必ずしもそういう症状が出るとは限らないとのことでした。また、人間ドックのような検査では出ない病気で、先生曰く「触診でしかわからない」そうです。(押されて痛かったやつ。)

今回症状が出たのは旅行の疲れによる抵抗力の低下なのですが、今後も同様のことがあったら症状が出るかもしれません。とにかく食事と運動が大事だそうで…はい。

ちなみにリパーゼという膵臓の酵素が正常範囲内で少し数値が高かったのですが、このリパーゼって中性脂肪を分解するものらしい。私の中性脂肪の低さはこの酵素が多いせいなのか気になっています。

眠い…

先週は、アルゼンチン帰国翌日から仕事復帰したものの、体調不良をかかえての一週間でした。昨日は終日家の労働に奉仕し、今日は午後に人に会う約束があって柏まで足を運んだものの、まぁ、少しはのんびりできた日でした。

なんだか薬のせいなのか、眠くて仕方ありません。横になると意識がどーんと落ちていくのがわかってちょっと怖い…。目覚めはすっきりだけど。(じゃあいいことなのかな?)

そしてまだ旅の片づけが終わらないのでした。嗚呼。

目覚めの状態

昨晩は枕を高くして寝ました。枕を縦にしてつぶすように頭をのせて寝ました。

そしたらどうでしょう、眠れました。夜中の咳は記憶にありません。5時前に突如襲われて目が覚めましたが、立ち上がってうろうろするとおさまります。相変わらず風邪のような他の症状はないし、ますます「胃酸逆流説」の信ぴょう性が増しました。

この腸の一部の弱点により、腰や背中が痛くないかと言われましたが、それも当たってます。姿勢が悪いせいだと思ってましたが、内臓からきてたものの可能性が出てきました。当たってなかったのは胆嚢の痛み。胆嚢も痛いはず、と押されたのですが、こっちは痛くなかったです。

昨日の先生、自慢げに「他の病院に行ったら風邪で処理されてたに違いない。腸を指摘する医者は少ない」とおっしゃってましたが、このままビンゴだったら確かにすばらしい診断です。

そんなわけで、咳以外は元気です。ご心配いただいた皆さんありがとうございました。

え?腸ですか

水曜日の朝、とうとう声が出なくなりました。
ヒー…みたいな空気音しか喉から出なくなってて、ベッドの上で一人苦笑い。しばらくしたら多少声はでるようになったのですが、出勤して電話が鳴って反射的に受話器をとってもまともな声が出ないという(笑)。夜はのた打ち回るような咳。横になると咳がとまらず、眠れないくらいでした。

そして今日木曜日の朝、一向に治る気配が無いので、平日夜にやってる病院を探し、飲み会をキャンセルして会社の近くの病院に行ってきました。

そしたらそこの病院の先生、風邪でもなんでもなくて、腸の炎症による胃酸の逆流だというではないですか。

肺の音はきれいなので気管支炎や肺炎の疑いは薄いようです。そしてお腹の左下を押されて痛い、と言ったら「あなたはもともとココ(小腸の一部)が弱く、体力が落ちたときに症状が出やすい」と言われました。寝ると咳がひどくなるのは、その腸が弱った影響で胃酸が逆流しやすくなり、横になることで喉に上ってきて咳をおこすそうです。

私は風邪気味だとリンパ腺がすぐにはれるのですが、今回その兆候が無いので、この診断にはなんとなく納得です。念のため細菌や百日咳などの検査のため、血液もとって来週結果を聞きに行きます。

そんなわけで、私の咳は細菌やウイルスをまき散らすものではないそうです。明日ちゃんと会社の人に言っておこー。

ちなみに処方された薬は咳止めと胃腸の薬。数日は動物系食品の摂取は控えて運動をするようにとの指示もありました。ようは、健康的な生活をせよと…。