隣の芝生

   

先日、ある大きい会社で仕事してる人と話す機会があったのですが、その人のセリフでうらやましいと思ったのが「転職したら上司の愚痴を言わなくなった」ということ。

新卒で入った超ドメスティック大企業に5年ほど勤めた後、外資系のこれまた大企業に転職したそうです。以前いた会社は絵にかいたような典型的な日本企業で、上司も年功序列で上にあがった人ばかり。職階にふさわしい能力のない人も多かったみたいで、若い人には上司の愚痴を言う人も多かったとか。それが、転職先の今の企業の中間管理職以上の人間にとにかく優秀な人が多く、上司の愚痴を言わなくなったそうです。(言わなくなった、というより、言わなくて済む環境になった。)

後者の職場は有名な経営危機と改革を経た企業で、そのリストラの過程で、能力が無いとみなされた人たちが派手に切られたようです。一方で仕事ができる人たちも離れてしまったようですが、いずれにしても残ってその時代を潜り抜けて今中間管理職以上にいる人たちには、それなりに優秀な人が残ったのだろうというのがその人の見解でした。

周囲の人間、特に上司が部下の仕事の能力に与える影響ってかなり大きいかと思います。相性云々もありますが、やはり有能な人の下で仕事できるのは幸せかと思います。まぁ、その辺に満足している人の方が少ないのかなと思いますが、やっぱり自分が尊敬できる人と仕事できてる人たちはうらやましいと思いました。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他