Viaje de Buenos Aires:「悪魔の喉笛」インタビュー

   


ネットで確認したところ、ブラジルの観光ビザの申請が無事おりたようです。来週取りに行ってきます。(右下の赤丸に「Ready for Collection」と書いてあって、これが準備ができたという印らしい。)

イグアスの滝観光についてはネットで散々情報収集したのですが、とにかくアルゼンチン側のハイライト「悪魔の喉笛」が怖くて仕方ありませんでした。なんであんな滝壺ギリギリに展望エリアを作るかねぇ(笑)。

とにかくこの恐怖感を現地に行くまでに払拭しないと落ち着かないので、行ったことある人に話を聞きました。「悪魔の喉笛」インタビューです。

一人は大学のスペイン語で同じクラスの日本人男性。この方曰く、怖いことより行かない方がもったいないとのことでした。みんな人生観が変わるくらい感動するらしいです。喉笛までの遊歩道から喉笛の様子が遠くに見えるそうなので、そこで引き返すかどうか確認できるかもしれないとのことでした。

もう一人はブエノスアイレス出身のアルゼンチンの男性。喉笛が怖い、って言ったところ、「怖くないよ!うるさいだけだ」とバッサリ切り捨てられました(笑)。でもってさっと顔色が変わって今度は真剣なまなざしで、「それよりトロッコ列車に気を付けた方がいいよ」と言われました。


これにはびっくりしました。アルゼンチンのイグアス公園にあるトロッコ列車は、とても小さくてレトロでかわいらしく見えるのです。彼曰く、列車には扉が無いのに左右すれすれを走るので、腕とか足とか出したりするとぶつかるから気をつけろというのです。まさかあの電車にそんな危険が潜んでいるとは…。気を付けよっと。

それにしても恐らくこの二人は高所恐怖症ではないと見た。参考にならない(笑)。でも、前者の男性にはしつこく周囲で怖くて行けなかった人はいなかった聞いたのですが、いないとのことなので、それなら大丈夫かもしれません。

ちなみにブラジル側は下から上を見上げる感じらしいです。台風のように猛烈な水しぶきを浴びるらしいですが、私、それは多分大丈夫。高いところがとにかくダメなので…。

さて、そろそろ旅程の細かなこともどんどん準備しないといけません。普通の観光とはちょっと違う目的を2つほど見つけたので、ただいま調整中…。実現すれば今回も素敵な思い出が残る旅になりそうです。

済)
・国際線航空券手配
・ブエノスアイレスのホテル手配
・イグアスツアー手配
・ESTA
・買い物(防水トレンチ)

未)
・ブラジル入国ビザの申請(受取)
・空港送迎の手配
・ブエノスアイレス観光の内容決定
・ウルグアイ日帰り旅行?
・保険(出発日の45日前)
・PCを整備する
・カバンを買う
・お金の整理
・荷物リスト作成
・お土産リスト作成

費用)
・国際線航空券(200,380円)
・ブエノスアイレスホテル(41,396円)+α?
・イグアス航空券(485ドル)
・イグアス現地ツアー(-)※調整中
・ブラジル入国ビザ(2,500円)
・ESTA(14ドル)

Google Adsense

※当ブログはブログランキングに参加しています→にほんブログ村 子育てブログ

 - 旅行やおでかけ