ある利用していたサイトがサーバー攻撃にあい、登録情報が流出した可能性があるという連絡がありました。流出した可能性がある情報は名前、アドレス、パスワードなど。

すごくびっくりしたとか、腹が立ったとかはなく、正直「またか」という感じです。実はこれまでも何度か同様の被害にあってます。某有名メーカーのプレゼントキャンペーンに応募したらそのデータが流出したとか、利用してたネット印刷会社の登録情報が盗られたとか。なので恐らく、私の情報はとっくに名簿屋にあると思います。

こういう流出事件って、会社は実害が無い限り、謝っておしまいとかせいぜいサービスのクーポン出したりとかしかしません。私としては謝罪もクーポンもいらないから情報を回収してほしいけど、それは到底無理なのでしょう。なので流出した、と言われたら、それによっておこる被害を自分で未然に防がなくてはならんのです。

今回はアドレスとパスワードが流出した可能性があると聞き、真っ先に同じアドレスとパスワードを設定している他のサイトのパスワードを片っ端から変更していきました。もうこのパスワードは使いません。

メールアドレスも、これを機会に要らないメルマガやサービスは解除、要るものは別のアドレスで登録しなおすという作業をしています。整備が終わったところでこのアドレスは廃止。これが結構膨大な量で、なかなか終わらないのですが、いい棚卸になりました。

デジタルでいろんなことが便利になったけど、扱う情報量も膨大になって、うまくマネージできないとそれに負けそうになる(笑)。大量に撮ったデジカメ写真とかね~。フィルム時代とは違う悩みです。