ジャーナリストの佐々木さんの本に関連したツイート。


@sasakitoshinao
私のことを嫌いなら、「私はおまえが嫌いだ」と言えばいい。なぜ「みんながおまえを嫌っている」としか言えないのか。

関連RT&QTがTLに溢れてて全部は追ってないですし、本も読んではいないのですが、私的になんだかとても腑に落ちたツイートでした。まるで自分が当事者ではないような、内容の責任を他に転嫁した発言に対する批判かと思います。こういうセリフって、子供の時よく聞いたように思うのですが、最近生で耳にして「なんて幼いことを言う人なんだ」と驚きました。しかしもしかすると形を変えて増えている人種なのでしょうか。

噂とか、ぼんやりとした世の中の印象をあいまいな言葉で「みんなが」とか「世の中が」とか言うことはありますが、相手を批判するようなことを当事者性を抜きにして発言するのは無責任だし、その人の発言として成立しないので、場合によっては非常に不愉快かと思います。多分、言った人自身はそういう誤ったコミュニケーションスタイルを確立してしまい、気が付いてないと思いますが、言われた方はすぐにその発言の無責任さを感じるでしょう。

仕事でこういう本質的に無責任な考え方をする人と関わりたくないなぁと思いました。