バドミントンに行ってきました。腕の調子が良くないので迷ったのですが、週明けから気分がもやってるので行ってきました。

今日は別の地区から来ている方にとてもお世話になりました。いや、みなさん交代でよく面倒みてくださるのですが、この方は特に指導が上手でして、自分の弱点克服に一歩近づけた気がしました。シャトルを打つ際に腕が上がらないことを色んな人からたびたび指摘されていたのですが、脇をあける(でも腕は耳に沿うように)という指示がとてもわかりやすかったです。

最後にはお楽しみ程度の試合もやっていただき、楽しく過ごすことができました。

…バドミントンに限らず、スポーツってやっている最中は日常の嫌なことをすべて忘れられます。(考えてる暇がない。)それが、すごくいいことかもと、スポーツのメンタル面への好影響についても今日は考えさせられました。

ちなみに懸念していた腕がやはり痛いです。今日は湿布して寝ます。ポールに手の皮を挟んで血豆もできちゃったし…次回のバド日の日曜日までに復活しているといいけど…。