パワハラの話

   

先日、他部署の人からその部署でかつて起きたパワハラの話を聞きました。具体的にどんな酷いことをしたのか、どんなことを言ったのかまでは聞きませんでしたが、結果的にターゲットになった人が退職したそうです。
構図的には、仕事ができる人が仕事ができない人をいびり出したみたいな感じなのですが、周囲では辞めた人が仕事ができなかったから仕方ないと捉えている人もいるそうです。仕事ができる人は会社で実際評価されているそうなのですが、果たしてそういうことをする人が評価されるのは正しいのか、もやもやしました。

会社の利益だけ見ると、仕事ができない人はお荷物だったから辞めてもらった方がよかったのかもしれない。でも、当人は当然嫌な思いをして退職に追い込まれたわけだし、異動とか会社の残る他の手段もあったかもしれない。

いびり出されるくらいだったら解雇しやすくすればいいのに、と思うのは行きすぎでしょうか。いじめて本人から辞めさせるんだったら、ちゃんと会社都合の解雇にすればはっきりしているのに。ロジックと感情が入り混じって結論は出ないのですが、実際モラハラと思われる言動に対しても放置されてるし、自分がそういう会社で働いてることがとても残念です。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他