大学でスペイン語:hasta el proximo clase

大学のスペイン語講座に行ってきました。今日はとうとう最後の授業。寂しいなぁ…。それに大学はもう春休みに入ったのか、学内は静かだし、授業のチャイムも鳴りません。

そんな中、授業の前に学食で時間をつぶしていたところ、同じクラスの方に会ったので少しお話しました。一年ちかく同じクラスにいて、なかなか個人的にお話しする機会が無かった方でした。以前クラスで「金婚式」と話してたので一体いくつか気になっていたのですが、思い切ってお年を聞いたところ、なんと80歳だそうで!父親よりずっと年上だけど、ずっとお元気でしっかりされた方です。すごいなぁ。

中南米の政治トピックにもいつも適切な答えを返していたので中南米好きかと思いきや、スペイン派の方で、中南米には行ったことがないそうです。スペインの旅行のお話を聞いて盛り上がりました。あー、もっと早くからお話してみればよかった!

そして15時からクラスが始まりました。冒頭、先週講演したペルーの社会活動家の女性の話から、ペルーの内戦の時代の話になりました。ペルーでは、センデロ・ルミノソというゲリラ活動で本当に多くの方が亡くなった歴史があるのですが、先生自身もその時代を見てきた世代の一人です。学生時代、学食で食事をしていたら、ゲリラのメンバーが入ってきて、演説をしていったそうです。試験の時は教室の入口に兵士が銃を構えて立っていたとか…。先生自身、その主張の内容には同意するところもあったものの、その暴力的な手段がよくなかったとのことでした。

Read more