東大病院に行ってきました:診療費が上がってしまった

   

お休みをいただいて東大病院に行ってきました。3か月に一回の定期通院です。

今日は私の前の患者さんが若い女性だったのですが、菓子折り持って中に入っていったのを見て嫌な気分になりました…。渡したかどうか確認できなかったのだけど、東大病院って公立だから菓子折りとか受け取れるのかなぁ。ま、私は手術&入院でもしない限り菓子折りは持っていかないですけどね。

その患者さん、診察時間も長くて30分くらい出てこなくて(診察だったなら仕方ないけど)、後の私は待たされたのですが、まぁ休み取ってるし我慢。ようやく終わって呼ばれて入ったら先生がきょとんとして「あー、君か!」となぜか懐かしそうな声を上げていました。恐らく外来患者さんのことなぞよほど印象的じゃない限り個別に覚えてないと思うのですが、私は顔だけ覚えていただけたということでしょうか。

いつもの診察の結果は、病状変わらずとのこと。良くもなってないし悪くもなってないです。でも今日、手術の話をちろっとして、手術はしなくてもいい大きさだけど、手術するとなるととても簡単だから大丈夫だよ~と言われました。後でネットで調べたら、簡単とはいってもやはり全身麻酔で一週間くらいの入院になるし、恐らく二週間くらい仕事はできないだろうしでおおごとです。とりあえずまだ当面は投薬と経過観察となりました。



診察の後は検査のための採血をして会計だったのですが、請求額をみてびっくり。なんだかいつもより高い気がする…?面喰ってその場で聞いて帰ろうかと思いましたが、過去がどうだったかを確認したかったので、帰って調べてから電話して聞くことにしました。

代表電話から計算係りの方にまわして調べてもらったところ…なんと今までがおかしかったとのこと。今まで受けていた検査に対し、適切な請求がされていなかったというのです。

がーん。

過去のものも請求されるんですか?と聞いたら、はっきりは言われませんでしたが、先生のその時の請求の判断ということで、恐らく請求されないものと思われます。しかし、今日払った医療費はこれまでの2倍以上の額です。これが今後も続くとなると、また私の医療費が上昇します。そ、想定外だ…。

ところで、先月受けた腹部CTの画像が欲しいという件について、その検査を受けたクリニックに電話して問い合わせました。そしたらプリントは1,050円、画像CDは2,100円でくれるそうです。それならデータで欲しい!と思って腹部CTだけじゃなく脳MRIの画像も一緒に焼いてくれるか聞いたところ、2,100円で腹部も脳のデータも焼いてくれるそうです。つまりこれって画像代というより手間賃ですね。郵送はしてくれないので直接取りに行くことになりますが、自分の腹部写真ゲットです。高いお金出して撮ったものだし、ちゃんと手元におけることになってよかった!

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 健康&ダイエット