木村屋本店ビーフシチューとアキバ大好き!祭り

   


今日はおじゃと初おでかけ。当初、築地のロボットイベントに誘っていたのですが、秋葉原のロボットイベントの方が無料な上に同じイベント内でオタ芸ステージがあるとのことで秋葉原に行くことにしました。

そのまえに銀座の木村屋でランチ。3階のレストランの食べ放題のパンが気になるとのことでした。ビーフシチューがおいしいと聞いていたのでビーフシチューにし、そしてパンもいろいろいただきました。うむ。ふつー…。ビーフシチューはお肉がトロトロでおいしかったけど、値段(1,850円)に見合うものかというと微妙。パンは店頭に並んでいる普通のパンという印象で、なぜ温めて出さないのか、それがとても残念でした。おじゃも「食べログに書かれてるほどおいしくない」とのことでした。(やらせ?!)

まぁ、でも気になってたし、という食べ物とは別の満足感を得て秋葉原へ移動しました。秋葉原では、ベルサール秋葉原で「アキバ大好き!祭り」が開催されてました。行ってみたらなかなかの繁盛ぶり。狭い会場にぎゅうぎゅうにいろんな秋葉原のお店が出店していて、プチ秋葉原な様相でした。



結構混んでたので人の流れに沿うようにお店を見ました。個性的なお店が並ぶ中、走るティッシュ箱(1,000円)に個人的にうけてしまいました。。そして、1階の流れの最後にKONDOのブースがあって、そこで多脚ロボットのアスレチックレース、KONDO LANDが開催中でした。


一応、この大会を見に来たのですが、ブースをみてがっくり。全然見えない。両サイドは壁と別の店舗のブースがあり、後ろはガラス張りですが寒い外。まともに見えるのは正面だけなのですが、最前列に貼りついてる10人程度が見えるだけのような状態になってました。フィールドも簡易版だったし(これは仕方ないのかな)、もう見えないと思った時点で興味を失い、見ないで地下の会場に移動しました。

そしたら、地下が大変面白いことになってました。メイド喫茶体験、メイドさんがいるはんだ付け教室、そしてライブステージです。ステージはスケジュールを見てもどれが「オタ芸」のステージかわからなかったのですが、心配は無用でした。アイドルのステージが始まったら、お客さんが普通にオタ芸してました(笑)。何気に最前列でステージを見てたのですが、前を見つつも横のオタ芸も堪能です。彼らも舞台に上げて共演を見てみたかったです。

明日のAKBを目指してがんばってる子たちが秋葉原にはいっぱいいるんだな~と実感しました。

メイド喫茶体験はなかなか見た目がシュールでよかったです。いかんせん貸し会議室の会場なので、机も椅子も会社の会議室にあるような長机と簡易イス。2つ島を作って、四角く並べた長机の中にメイドさんが入り、周囲に座ったお客さんとお話してました。料金は30分300円で、ペットボトル飲料が一本付く良心的な値段です。嫌がるおじゃをかなり説得し、ようやく二人で30分だけ中に入りました。


出張しているお店が2つあったので、私たちが声優のたまごちゃんたちがメイドさんをしている島を選びました。最初に「ようこそ!」とかわいい3人の唱和で始まり、一人がお店の紹介をメニューを見せながらしてくれました。その後はフリートーク。3人が順番にお客さんの相手をしていました。かわいい子たちばかりで普通に話してて楽しかったです。

これ、なかなかいい企画だと思いました。メイド喫茶未体験の人に対して、ちょびっとだけ雰囲気を伝えることでお店入る敷居を低くしてくれるし、ちゃんとお店の紹介もするのでお店の宣伝にもなるし。メイド喫茶ってわりと一時的なものじゃなくてこういうジャンルって定着するかもなーと感じました。

地下で「秋葉原」を堪能しつつ、今日はバドミントンがあるので早めに切り上げさせてもらいました。1階に上がった際、もう一度だけKONDO LANDを覗きましたが、やっぱりよく見えないし、外からガラス越しで見たら寒くてしゃーなかったのでおとなしく帰りました。

でも楽しかったー。
ライブステージは他のも見てみたかった!

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 旅行やおでかけ