姪っ子が産まれました

   


姪っ子が産まれました。
お顔がまん丸の女の子です。

昨日の検査で子宮口が開いているとかで、朝から母親が「今日生まれるに違いない」とそわそわしてました。出産に立ち会ったtkさんから連絡をもらい、出産の報告を受けてから母と病院に向かいました。

病院についたらベッドで戦い終えた姉がぐったりしていたのですが(笑)母子ともに健康そうで、赤ちゃんはまだ別室にいるものの、早ければ今晩から一緒に病室で寝られるそうです。

体重は3,200gくらいで、いまどきだと平均くらいだそうですが、生まれたての赤ちゃんはほんと小さくて別の生き物みたいでした。ガラス越しに母、ワクオ、ママ友のYさん一家とわいわい新しい命を飽きずに眺めました。Yさんがぐっときて一瞬涙を流したのですが、私もうるってきちゃいました。

年末はtkさんが冬休みで家にいるのでとりあえず家に帰るそうですが、年始の休み明けからは少しだけうちにも来るかもしれません。賑やかになるねぇ。楽しみです。

ちなみに以前にもこのブログで書いたことがあるのですが、スペイン語で出産することを「Dar a luz」と言います。直訳すると「光に与える」。今、彼女は生を受けて、光の中に歩み出てきたということなんだろうな。幸せであるように!

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他