なんちゃってピンチョス

   


スペイン旅行中、「やっぱりおいしいな~」と思ったのはハモン・セラーノ(豚の生ハム)です。ボカディージョやピンチョスではサラミや他の具よりハモン・セラーノを選んだし、バイキングであったらたくさん取ったりしてました。

今日、買い物で少し高めのスーパーに入ったら、信州産の豚の生ハムが。あー、食べたーい!と思って、パン屋でガーリックトーストも買って、家でなんちゃってピンチョスにしました。(写真)

いろいろのってるピンチョスはもちろん楽しいですが、このハムをのっけただけの無骨な感じがスペインぽいと思います。

しかし、食べたらやっぱり違うのよね。信州産の豚の生ハムはなにか、優しい味でした。スペインのハムはもっと荒々しい感じなんです。かといって固いわけでもなく、脂が適度にのっていて、味わいがある。そして恐らくワインとの相性が抜群。(私は飲まないので想像ですが。)

あー。
スペインバル行きたくなっちゃいました。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 食べ物登場