!Buena suerte!:みんな、お元気で!(8/26)

   

こちらは15時近くです。学校が終わって帰ってきました。明日、朝早い便でバルセロナを発ちます。パソコンをもうしまうため、パソコンからの更新はこれが最後になります。

今日は最後の授業でした。授業はたった2週間、日にちすれば9日間だったのですが、最後は寂しくて少し涙をこらえるくらいでした。私たちのバシコ1(初級1)のグレゴリオ先生は、漫画に出てきそうな典型的な古いタイプの厳しい先生でした。宿題をやってこない生徒を怒り、教室で飲食や携帯電話の使用を厳しく禁じたり。でもって授業での例えや休憩中にかける音楽や古かったりする(笑)、そんなおじいちゃん先生でした。

しかし、最初は怖かったけど、授業はしっかりしているし、個別の生徒の弱点をきちんと突いていました。私もだんだんといい先生だということがわかり、気がつけば他の生徒もみんなこの先生を慕っていることを最後の日の今日になって知りました。あぁ、私はいい先生に出会えてラッキーだったんだなと思いました。

今日は金曜日でカンファレンスの日だったので、授業は11時半には終わりました。そしたらドイツの生徒がおもむろに先生にワインをプレゼント。その生徒は、さらにもう一本スパークリングワインを取りだし、それをみんなで乾杯して飲みました(笑)。ちょっと悲しいけれど、和やかな雰囲気の中、私たちの授業が終了しました。たぶん、私も含めて半分くらいの生徒が明日それぞれの国に帰ります。

先生からは帰国してからも毎日少しずつでも勉強を続けなさい、という言葉をいただきました。毎日、これまでの不勉強がたたって辛かったので、これは肝に銘じたい言葉です。ポコ・ア・ポコ(little by little)でこれからもがんばりたいと思いました。



涙をこらえて(笑)カンファレンスの部屋へ。今日はスペインの民謡?がトピックでした。相変わらず落ち溺れは何もわかっちゃいませんが、それでも興味深い授業です。このカンファレンスの担当で、かつ私が初日だけ教えてもらったキュートなアナ先生とも握手してお別れしました。

総括するのは早いかもしれませんが、私は今回のプチ留学で、どれだけ自分が英語もスペイン語もできないことを思い知らされました。この衝撃が、一番の収穫だったように思います。今後どれだけ反省して、(たとえ趣味でも)これらの言語の学習を続けられるのか、が大切のように思います。

残念ながら私の仕事に英語やスペイン語はほとんど必要ないのですが、英語はさらに重要になり、ベターではなくマストのスキルになっていくと思っています。もういい年なんですが、こういう経験を重ねることで自分の状態や方向性を確認することはこれからも必要なのかなと考えています。

さて、これからちょっとだけ最後のバルセロナ散歩を楽しんできます。ガウディのカサ・ミラを見て、アイスでも食べて、デパートでちょっとだけウィンドウショッピングの予定。遅くならなうちに帰ってきて、シャワー浴びて、荷物をまとめたら21時前には寝ようと思います。

気が向いたらスマホから更新するかもしれませんが、とりあえずみなさん、アスタ・ルエーゴです!

■使ったお金(8/26)

・水(0.60)
・お菓子(1.00)
・ワイン代ワリカン(3.00)

(これ以降のお出かけの出費は後で追記)

・カサ・ミラ入場料(14.00)
・フレスコで夕食:ブッフェ(9.95)+バナナジュース(1.00)=(10.95)
・アイス(2.90)
・スペイン語のくれよんしんちゃん映画DVD(18.50)

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 旅行やおでかけ