Todavia estoy solitaria...:さみしいー(8/17)

   


早朝に起きて、ブログ書いて、シャワーと洗濯。洗濯中に宿のベンディングマシーンでカフェ・コン・レチェ(カフェオレ)を飲んだのですが、甘いな~と思って飲み終わったら、カップの底に砂糖の塊がたまっててぞっとしました。どんだけ甘いの好きなの。Twitterで友達と「スペイン料理はしょっぱい」と話してたのですが、どうやら甘さも強めみたいです。スーパーで売ってたケーキとか、手を出さない方がいいのだろうか…。

朝食を食べて学校です。残念ながら楽しみより不安を抱えての登校です。

9時半からなのですが、9時についてもがらんとしてて、日本以外の国の方々の国民性を感じます。オンタイムな人たちも、あまり早く来ることはないみたい。

時間前は部屋に鍵がかかってるので、手前のソファでくつろいでました。そしたら昨日一緒になったイタリアの男性が声をかけてくれて、おしゃべりを楽しみました。私はレベルが合わなくてクラスを変えたわけですが、あなたはどう?と聞いたら、イタリア語と近いので授業は問題なく理解できるとのこと。ただ、本当に勉強はゼロから始めるので、クラスのレベルは問題ではなく、基礎からきちんと勉強したいとのことでした。



ちなみに彼は子供のころ、柔道を3年やってたそうです。でもってオーストリアで日本人学生の友達ができたそうで、まだ日本には来たことないけどいつか行きたいと言ってくれました。(ちなみに私は嘉納治五郎の名前を外国の人から始めて聞きました。柔道やってる人は当然知ってる名前なんですね。)

時間になって部屋に入ろうとしたところ、日本人の女性に声をかけられて少し話をしました。上級クラスの女性で、どうやらスペイン語は簡単?らしく英語のクラスを取りたいとか…。いろんな人がいるんだなぁ(笑)。彼女とはもう少し話してみたかったけど、日本人が群れてるのはお互いよくないのでまた次の機会にじっくりと。

そして初級2のクラスが始まりました。このクラスでアジア人は私以外に韓国人の男性が一人。彼以外はロシア、アメリカ、カナダ、ドイツ、イギリス、スイスだそうです。

授業は…難しいんですけど!(大笑)

でもって、みんな私よりできるー!

またもや怖気づいて休憩時間中に先生に「テンゴ・ミエド(怖い)」と言ったら、「最初はみんなそうだから!」と一喝されて終了でした。はぁ。

9時半から始まった授業は、11時くらいに少し長めの休憩をとります。これは恐らくスペインの習慣で、オンセス(11)という軽食を取るためかと。(スペインのランチは14時と遅いので、その前に軽食を取るらしい。)ほとんどの生徒が上の階のカフェテリアに行って、コーヒーを飲んだり、人によってはボカディージョ(簡単なサンドイッチ)やパンを食べてます。

部屋は鍵をかけられてしまうので、私もとりあえず上に行きますが、相変わらず友達ができないので(T-T)一人でコーヒーをすすりました。そしたら一緒のクラスの韓国人の男性が声をかけてくれて、しばしおしゃべり。

彼は会社を辞めてこの学校にMBAを取りに来たそうで、1ヶ月半くらい経つそうです。私がバケーションで2週間だけ来たと言ったら驚いてて、学校なんかに来ないでガウディでも見に行けばいいのに!と何度も言われました(笑)。

さらに部屋に戻る途中、彼には初級1にも日本人男性がいるよと教えられ、その人と少しお話しました。そしたらその日本人の方もMBA取得のため来た方で、「なんでバケーションで勉強に来るんですか!」と驚かれました。いやぁ、プチ留学が好きな日本人女性って結構多いけどなぁ…。ここがビジネススクールだから驚いたんだと思われます。

ちなみにこの男性、スペイン語がほとんどできない状態で来たらしく、授業が全部スペイン語なのがすごく大変だと言ってました。しかし、英語もそうなんだけど、語学ってその言語で教えてもらうのが一番早いんだよねー。MBAの授業自体は英語らしいけど。

なにはともあれ、授業です。もー、つらい、つらい。単語も文法もわからん。ペアワークは相手に迷惑をかけるから本当に嫌。日本でもっと勉強してくれば良かった…なんてのは後の祭り。というか、ブレイクスルーのためにプチ留学したのに、二日目で行き詰って追いつめられてます。私は頭悪くても学校とかで比較的まじめなタイプなんですが、本気で逃げ出したい(笑)。

授業の終盤は、辞書やプリントなどをすべて閉じて行われました。昨晩、どうやら学校の人たちはみんなでお祭りに一緒に行ったようなんですが、それについて(過去形のの勉強を兼ねて)話をすることになりました。何があったとか、どんなものがあったとか、生徒が自由に発言するんですが、私は行ってないので1時間くらい一言も何も発言できませんでした。授業なのに完全に仲間はずれ(笑)。子供だったら泣き出しそうなシチュエーションなんですが、私は中年なのでむしろ途中で腹が立ちました。

もしかすると誤解があるかもしれませんが、asaちゃんと話してたことで、日本人は空気を読み過ぎる一方、スペイン人はまったく空気を読まないというのを、ここで感じました。先生は私がお祭りに行っておらず、このトピックに参加できないことは想像しないのです。そして私は私で空気を読んで、「私は行ってないからわからない。」とは言わないのです(笑)。

あと、韓国と日本の生徒がいるにも関わらず、欧米の話ばかりして、「ドイツはこうだ」とか「スイスはこうだ」とか、アメリカの話とかばかり話すのもどこか面白くないのですが、これもいじわるや差別ではなく、この先生がアジアに興味がなくて、そしてアジアの生徒をケアした方がいいとは思ってないことの表れのような気がしました。

こんなところで国民性の違いを感じるとは思いませんでした。しかし、このままじゃスペイン人にいいイメージが残らないよ…。

そんなわけで、今日の授業も(あまり楽しくないまま)終了。友達もできないので、またまっすぐ帰りました。しゅーん。いい大人なのに寂しい…。asaちゃんとの二日間が楽しかっただけに余計に…。

帰宅してからは宿題。日本から辞書しか持ってこなかったので、文法問題に苦慮してます。

そして夕食は昨日スーパーで買った総菜。これが意外とおいしくて、このシリーズをまた買おうと思いました。

で、またスーパーへ(笑)。今晩は近くのカンプ・ノウでサッカーの大きい試合があるので、この辺は静かな場所にも関わらず、たくさんの人が出てました。でもってみんなバルサのシャツで身を包んでいます。スーパーのバルサグッズ売り場では応援歌が流れてたのですが、チャチャチャという手拍子のところで見知らぬ人たちがみんな手を叩いてて一体感を感じました。

私の部屋のテレビ、初日からまともに映らなかったのですが、今朝ようやく直せたので、私も部屋で静かにサッカー観戦したいと思います…!

■使ったお金(8/17)

・カフェコンレチェ(0.55)
・水(0.6)
・コーヒー(0.9)
・爪切り(4.80)
・食品やお土産(21.97)

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 旅行やおでかけ