語学の問題

   

今週は二度ほど英語のインタビュー(←面接ね)を受ける機会に恵まれた(?)のですが、自分の英語力の無さに愕然としました。ぼんやり「なんとなくしゃべれる」と思っていたのが、「ほとんどしゃべれない」の間違いで、妄想の中でいたずらに自分の能力を美化していたことが発覚しました。は、恥ずかしい…。

どちらのインタビューも、事前に「英会話は苦手です」と断ってあったので相手の十分なフォローを得られたのですが、それでも言いたいことを言えないもどかしさは強烈でした。語学はやっぱり慣れですね。経験が非常に重要。毎朝CNNやBBCを聞きかじったって、実践的な英会話にはつながりません。

…英語力が重要と言われて久しいですが、今の10代、20代はマストだと個人的には感じます。彼らが活躍する時代には、英語はプラスαのスキルではなく、必須のスキルになると思います。そして50代以上は逃げ切れるけど、30代、40代は微妙。まー、私の世代もギリギリ逃げ切れるかな。。だからあとは個人のキャリアの方向性次第なんだろうけど。

あー。思い知るいい機会でした。

Google Adsense

※当ブログはブログランキングに参加しています→にほんブログ村 子育てブログ

 - その他