映画「硫黄島からの手紙」

   

クリント・イーストウッドの「硫黄島からの手紙」を観ました。会社でアメリカの南北戦争の話からなぜか太平洋戦争の硫黄島の戦いの栗原中尉(大尉)の話になって、この戦いの話を知らなかった私は映画くらい見ておかないととなったのです。

ストーリーは最初から最後まで硫黄島の戦いを日本サイドから描いたものです。途中、登場人物の過去に触れるその他のシーンも挟まれますが、ほとんどが戦いを描いたもので、正直暗いです。画面も暗いし、人の表情も暗い…。最後の最後ではっとするような終わり方をするのですが、まぁ、ちょっと観ていて辛い映画でした。

良かったのは、二宮和也演じる西郷のキャラクターでした。ひょうひょうとふるまっているのですが、秘めた心の強さを持ったキャラクターでした。彼の強さが無かったら、この作品はどうしようもなく絶望的な感じがしたと思います。

でも、私がこの作品で見たかったのは栗原中尉の辣腕ぶり。それがあまり描かれてなかったのは残念でした。渡辺謙の強い存在感を感じさせる演技は、期待を裏切らないいい演技でしたけどね。

アメリカ人の監督が、ほぼ全編日本語の映画を、きちんと日本人の視点を大事にして作り上げた作品というだけですごいと思います。

ところでこの作品、「父親たちの星条旗」とセットの作品なんですね。硫黄島の戦いを、アメリカサイドから描いたのがこちら。戦争ものは気分が落ち込むんだけど…もう一本見なくては…。

Google Adsense

※当ブログはブログランキングに参加しています→にほんブログ村 子育てブログ

 - 映画