El camino a Barcelona:AVEの予約に苦戦→お金で解決

   


この2週間ほど、スペイン高速鉄道(AVE)の予約に苦しめられていました。いやぁ、こんなにしんどいものだとは思わなかった…。しかも結局解決できなくて、現地の日系旅行代理店に手数料を払って手配をお願いしました。こんなことなら最初からさっさと人に頼ってしまえばよかったと思います。

バルセロナ留学中、一泊二日の小旅行を予定しています。AVEとバスで移動するのですが、AVEはオンラインでチケットの予約→発券までが可能で、しかもネットでの事前購入に大幅な割引のプランがあります。その割引が半端ではなく、その値段を見てしまうととても正規料金で行こうとは思わなくなるくらいです。(→スペイン国鉄Renfeのサイトで確認できます)

予約は60日前からで、気合いを入れて事前にネットで手順を確認しておき、当日に備えました。そして当日、予習しておいた手順で順調に手続きを進めたのですが、最後の最後、カードの決済部分でエラーが出ました。再トライするもダメ。カードを変えてもダメ。ブラウザを変えたらもっとダメ(笑。IEしか対応してないらしい)。



私はクレジットカードはVISAを2枚持ってるのですが、両方ともダメで、さらに親のVISAで試してみましたがやはりダメ。どうしてもMasterを試してみたくなり、新しくMasterのカードも作ってみましたが、それもダメでした。ちなみにカード以外の決済の方法はありません。

調べたら、AVEに限らず、ヨーロッパのオンラインで海外(自国外)のカードが使えないというケースが非常に増えているそうなのです。日本のカードだけでなく、アメリカの人も、自国のカードで予約できなくて困ってるという書き込みを英語の掲示板で見かけました。VISAがダメでMasterがいいとか、時間帯が決まってるとか、いろんな噂がネット上に流れていましたが、結局私はうまくいかなかったし、明確な答えを見つけることができませんでした。

そして、Renfeのサイトを見るのも辛いくらい何度も試して嫌になったので、現地の日系旅行代理店にお願いする決断をしました。手数料20ユーロは安くないのですが、割引やどうにも進まない手続きの手間を考えると、払えなくもない金額です。

ネットから申し込みをして、決済用のカード番号とパスポート番号だけ電話して手続きをしてもらいました。すぐに発券されたらしく、無事PDFのチケットを受け取りました。

ほんと…つかれた。やることいっぱいあるのに、この半月くらいはこのことで頭がいっぱいでした。

それにしても、久しぶりの海外旅行でネットがいろいろ便利になったなぁと日々実感していたのに、便利になりすぎてカード犯罪が増え、結果その便利なカードが使えなくなるなんて皮肉な話です。

■ToDo

・バスの予約
・サラゴサのホテル予約
・保険加入

・携帯とWiFiの検討
・現地ツアーの検討

■かかった費用(7/1現在)

・航空券(196,870円)
・パスポート更新(16,000円)
・ブラステル国際電話代(2,000円)
・語学学校デポジット(11,802円 << 100.00EUR)
・語学学校授業料残金(32,670円 << 280.00EUR)
・AVE(103.20EUR)

Google Adsense

※当ブログはブログランキングに参加しています→にほんブログ村 子育てブログ

 - 旅行やおでかけ