職位と職責と石頭

   

ただ今午前3時くらい。珍しく深夜に更新です。私がこんな時間まで起きていられるわけがなく、寝落ちして目覚めた状態です(笑)。



今週は週の頭から、とあることに怒っていたというか悩んでました。

先日の震災の後の数日間、土曜や祝日に加え、自宅待機になった日について、私だけ連日出勤になりました。しかしそれらに対する手当は無しです。それについて状況的に仕方なかったと思いつつ不満があったわけですが、さらに今後も、緊急時に出勤を強制されるメンバーに改めて指名されたのです。

チームで、私だけ一番下の職位です。順番から言えば、私より先にその責任を負ってもいいだろうという人たちがいます。その点について質問をしたら、職位は関係なく総合的に判断したとの回答がありました。

一部専門的な知識が必要な業務を担っていて、誰でもできる仕事ではないからという理由もありましたが、私より上で対応できる人もいるし、その専門性について普段、プラスの待遇を受けているわけでもありません。

自分で言うのも変ですが、私は責任感が強い方なので、緊急時に上の人間には使いやすいだろう…という想像があります。しかし、やはり自分の立場で先にものを考えるので、その責任を負うに納得できる材料がみつかりません。

このことについて延々と上の人(←かなり偉い人)とやり取りをしたら、今日は最後に「そこまで言うなら名前をはずしてもいいが、それでも呼び出す」と言われ、とても嫌な気持ちになって帰宅しました。

年功序列の職場で中途の私は、他の人と最初からもう在籍中に超えられない待遇差がついているのに、より重い責任だけが持たされるというのは理屈では納得できないことでした。私は頭が固いので、柔軟や寛容な考え方ができない。会社万歳、というような社畜でもない。

今回同じ状況にある人は恐らくいなくて、私の不満は組織からみたら何千分の一の掃いて捨てるような不満でしょう。どうしたら自分の気持ちが収まるのかぐるぐる考え続けて、思考が行き詰ると、嫌なら辞めるしかない、というつまらない結論にしか至りません。

考えてみたら、過去にいた職場でも同様の不満を持っていました。仕事を頑張れば頑張るほど、仕事を任せられて責任が重くなるのに、待遇は変わらない。一方で、頑張らない人やできない人も変わらない。…そのことについて、今まで誰も私が納得できるような言葉をくれた人はいませんでした。長い目で見れば…という人もいますが、何年我慢しろという明確な答えが無いなら詐欺みたいなものです。(それも10年、って言われたら嫌だろうし。)

それにしてもやっぱりお金なのでしょうか。私はお金が欲しいのでしょうか。お金もらえたらうれしいけど、でもやっぱり相対的な評価に対する不満なんだと思う。それが、「この人はお金が欲しい」と捉えられないかが心配です。

※ネットでぐるぐるしてて一つだけ心に響いたのが下記のサイトの「第一篇 提言」
http://homepage3.nifty.com/54321/hyouka.html

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他