長い記事を消した

たぶん、ブログ書いてる人なら経験があることだと思うのですが、先ほど長い時間をかけて一生懸命書いた記事を、最後の最後でどうもしっくりこなくて消しました。

叙事的な単なる事実を日記ではなく、叙情的な自分の考え方を語るとき、途中や最後の最後でどこか破たんしているように思えると嫌になってほおり投げたくなるのです。

でも、書く過程で自分の考えを深めたのでよしとします。

漠然としたことを、自分なりに深く考えてアウトプットしようとする作業はとても大事だと思います。たとえうまくいかなくてもね。

ちょっと疲れちゃったよ。
ふー。