僕のなかの壊れていない部分」という小説を読みました。白石一文さんという方の作品なのですが、お名前を聞いたのは初めてです。当然、作品を読むのは初めて。

読み終わった後の率直な感想を書くと

難しくてわかりませんでした。すみません。

という感じですorz。

29歳の出版社に勤める主人公は、3人の女性と同時にそれぞれ違った形で関わり、一方で家には二人の若者を出入りさせる生活を送っている。それぞれの関わりの現在・過去を辿り、さらに主人公自身の過去までを振り返り、やがてそれぞれの結末を迎えるというお話です。

続きを読む