横目で見てたNHKの追跡AtoZが面白くて、後半15分くらいはきちんと見ました。

テーマは「日本の”頭脳”はどこへ行く」。

不況の日本でリストラされた技術者が、アジアのライバル企業に流出していることについてのレポです。日本の技術者が、日本で培った技術を生かし、アジアのライバル企業で製品開発にあたっているというのです。

かなり前、テレ東のWBSで中国のハイアールの家電製品が売れていると紹介されてました。以前は安かろう、悪かろうだった中国製品も、今は日本のマーケットを緻密に調査して、日本の消費者にあった良い製品を安く提供しているということでした。ふーんと思ってみてたら、後日行った知り合いの人の家にハイアールの洗濯機があって、なるほど普及し始めてることを実感したのでした。その背景には、冒頭の日本人技術者の流出があったのかもしれません。

続きを読む