劇団四季「美女と野獣」おかわり

   

劇団四季の「美女と野獣」を見てきました。二回目です。前回はC席でしたが、今日は会社の健保のポイントを使ってゴージャスにS1席!やっぱり前はいいですねぇ。当然ですが、音も画面も全然違います。

しかし残念だったのは、A席に近い端寄りの席だったこと。大人数のダンスシーンは横から見るとどーもフォーメーションが崩れて見えてしまいます。以前キャッツ見たときも思いましたが、大人数で歌って踊ってポーズ取るような?シーンがあるミュージカルは後ろの方でもセンターがいいみたいです。(その点、前回はC席だったけどド真ん中をほんちゃんが取ってくれたのでとても良かった。)

二度目で取り立てて書くような感想は無いのですが、今日はベルが頑固だなーと思いました。最初は美人で品があり、本が好きで知的で、家族思いなベルっていいなぁ、と思ってたのですが、野獣の食事を頑なに拒んだり、入るなと言われた場所に入ってもすぐ謝らなかったり、途中から「なんだこの娘!」と思ってました(笑)。対照的に、野獣は今日もキュート。実は腐女子萌えを狙った作品だったのでしょうか。あぁ、あまり四季のミュージカルとは関係ない感想になってしまいました(笑)。

ちなみに好きなシーンは酒場のシーン、Be our guest、そして前半のラストで野獣が一人で歌うシーンです。映画では二人が踊るシーンが一番好きなんですが、舞台はどうも画面に奥行きが無いのが残念。

んー。ミュージカル楽しい…。
次は(四季じゃないけど)「レ・ミゼラブル」が見たい!

Google Adsense

※当ブログはブログランキングに参加しています→にほんブログ村 子育てブログ

 - 旅行やおでかけ