東大病院&近江屋洋菓子店

   


今日はお休みをいただいて東大病院通院デーです。朝はあいにくの雨で、自転車を断念して徒歩+バスで行きました。本日の予約患者様数は…

3,333名!

4,000名超えのこの前より700名近くも少ないですが、それでも多いし、インパクトのある数字でした。

初めて行った前回、病院のあらゆる設備に驚いてた私ですが、今日も再診の受付マシーンにびびってしまいました。再診の人は診察カードをこのマシーンに入れるだけで、受付票と院内呼び出し機を受け取れます。支払いも当然機械だし、人を介在させる部分を可能な限り削ってる感じがする。あと、私の薬は院外で処方してもらってますが、院内処方の調剤部屋が支払機の奥にあって、これまた工場のような風景に萌えました。総合病院萌え…。



さて、診察ですが、前回のようにひどく待たされることはなく、少し早く部屋に入れたくらいでした。さらに、前回は病院を移った初回だったので少し話す程度の引継ぎみたいな診察で終わってしまいましたが、今日はしっかり診察。

久しぶり&この先生では初めての診察ということで…騒ぐ、騒ぐ。いや、毎度のことなんだけど…ごめんなさい…orz。

しかし結果は良好!
まず、前回採血した血液検査の結果は「変わらない」とのこと。(この「変わらない」の意味が正確にわからなかったのですが、恐らく問題ないということ…。ちゃんと聞けばよかった。)さらに、今日の診察の結果も、病巣が小さくなっていると言われました。

ほんと?(笑)

良い結果を疑うなんて…という感じですが、にわかには信じがたい。というのも、2年以上投薬治療を受けてて、この夏にMRIを取るまでの2年間、ほぼ病巣に変化が無かったのです。それがこの3か月で小さくなったって言われても…少し疑ってしまうのでした。

しかしこの先生は、毎度「無くなっちゃうかもね」と楽天的なことを言ってくれる先生だったので、私も「無くなっちゃうかも!」と思い始めましたよ。とりあえず、これまでと同じ投薬治療&経過観察を続けることになりました。

ちなみに支払いが、しっかり診察したにも関わらず激安だったのですが、大丈夫でしょか。前回が採血&話をしたくらいで高かったのでいいのかな?

うれしいような、信じがたいような気持ちを抱えて病院を出て、そのまま東大構内をぶらぶら。本郷キャンパスは緑と古い建物の調和が本当に素敵です。

そして赤門を抜けて向かったのは近江屋洋菓子店。ここは以前何度か姉と来ました。ケーキ、焼き菓子、アイス、パンなど、洋菓子を扱う老舗なのですが、イートインの際のドリンクバーが素敵なのです。

ケーキを買って、プラス500円でドリンクバーの利用が可能。用意されてるのはコーヒー紅茶だけでなく、生フルーツジュースや抹茶ミルク、ホットチョコレート、さらにボルシチがあります。

私はクラシックで見た目もかわいく、そしておいしいショートケーキを注文し、ドリンクバーはまず「いちご水」をいただきました。甘みは自分でガムシロで調整できます。いちごの瑞々しさがたまりません。さらに抹茶ミルク、ホットチョコレートをいただき、いちご水もおかわり。


ボルシチも2杯いただきました!(器は小さいんですよ!)じゃがいもも人参も大きくカットされてて、飲むというより食べるスープです。ビートとサワークリームが入ってないとボルシチっぽく無いと思ってますが、野菜スープとしておいしいので名前は気にしない!


本郷満喫~(笑)。
スープでお腹もいっぱいになって、また東大を抜けて(行きつけの調剤薬局がある)上野に向かいました。その後はあちこちをまたぶらぶら…。

…病気は経過が良好なので、次回の通院は年明けです。診察はブルーなので、お楽しみを増やさないとね。だから本郷探検は気候がいいうちにまた行っちゃうかも~。

※お土産に買った東大のど飴。東大饅頭買おうと思ったら結構高かった。

Google Adsense

※当ブログはブログランキングに参加しています→にほんブログ村 子育てブログ

 - 健康&ダイエット