「高専ロボコン2010 関東甲信越地区大会」に行ってきました

高専ロボコンの関東甲信越地区大会に行ってきました!去年、サレジオが幹事で東京開催だったので、今年は他県開催かなーと思ったら、なんと今年も東京開催というじゃありませんか。というわけで、高専ロボコンファンのトリプルH夫妻と3人で今年も地区予選行ってまいりました。会場は駒沢の体育館。ABUの世界大会をやった会場なので、来るのは二度目です。

今年の競技課題は「激走!ロボ力車(リキシャ)」。二足歩行ロボットが、操縦者が乗って待つ乗り物まで走り、ロボットと乗り物が連結ゾーンで合体。操縦者を乗せたまま移動し、高く吊られた鍵穴に鍵を入れた後、ゴールするという競技です。ポイントは、人が乗っている乗り物に動力や操縦機などメカニックなものが搭載されていないといこと。つまり、二足歩行ロボットがほぼすべて。二足歩行ロボットはただ歩けばいいだけでなく、人を乗せた乗り物を運んだり、鍵を吊り輪にかけたりしなくてはならないのです。

全体的な印象についてトリプルH氏がコメントしてたのですが、去年に比べるとあっさりした印象でした。去年はダンスで加点制というやたら見せ場が多い競技内容だっただけに、ゴールを競うという今年の競技は余計にシンプルに見えるのかも。それでも個性的で面白いロボットや競技が見られたのは、やはり高専生たちの素晴らしい創造力のたまものだと思います。

Read more