続・30代の重力

昨日の記事の補足。
30代から重力が働くなら、逆に20代は浮力が働いてるかも。

若いだけで基礎代謝量が高い。
多少無茶な食べ方をしても太らないし、変な肉のつきかたもしない。

若いだけで仕事の募集が多い。
未経験だったり、多少経験が足りない仕事にも挑戦するチャンスが与えられる。

…キャリアにおける加齢の「重力」という表現は、山崎元さんの「会社は2年で辞めていい」という本で見ました。
—–
つまり、ビジネスパーソンは、時間が経ってもスキルが向上しない場合、年齢を重ねるだけで人材価値が下がるのだ。(P65)

働く側では、常に、年齢が上がるほど人材価値は下がる、といういわば「重力」が働いていることを、認識しておかなければならない。(P66)
—–
これは、日本の年功序列の弊害の側面もあるのですが、それでもより長く働ける若い人の方がアドバンテージがあるらしい。だからこそ、時間(年齢)に見合ったスキルを身に付けてない人たちは…重力で…。

私、別に若者に嫉妬してるわけじゃないんですよ。私が危惧してるのは、自分自身が20代までのアドバンテージ(浮力)を意識せず、30代も好きなように生きて逃げ切れると勘違いしてると、恐らくすぐに痛い目に会うだろうということです。独身で子供がおらず、さらに実家暮らしのパラサイトなんて…見えてない現実が多すぎる気がします。

自分がイタイ…。