国勢調査

おととい、両親が喧嘩しながら国勢調査のシートを埋めてました。喧嘩の原因は自分たちと祖母の生まれた年がわからん、というつまらない理由。大正、昭和だと出てくるけど、西暦がぱっとでてこないんだね。親の年代は。しかしくだらないことで喧嘩するもんだ。(父親が更年期なんだろうけど。)

で、仕事してる人は勤務先のことも少し書く欄があるので、「自分のところ書いておけ」と机にシートが置いてありました。

見たらヒドイ。

父親のみみずのような文字はさっぱり読めない上に、鉛筆で書け、と指示があるのに全部ボールペンで書いてる。間違えてるところもあるし、でも直すこともできないし、機械が読めないだろうぐちゃぐちゃ加減。誰かが解読するのでしょうか。なんで父親に書かせたの?と母に聞いたらぷっと噴いてるし。いやいや…。

国勢調査、年々回答率が下がってるそうですが、回答してもこんなヒドイ回答返してちゃんとした統計取れるのだろうか…。

ディズニーランドに行ってきました(食べ物写真ばかりです)


9月末で消えてしまう休みを消化するため、ディズニーランドに行ってきました。一番の目的は期間限定復活の「キャプテンEO」鑑賞。開園早々向かったのに、システム調整中で大ゴケでしたが、適当なタイミングでファストパスを取って15時過ぎに見ることができました。マイケルかっこいー。しかし一度見ればもういいや(笑)。

アトラクションはいつも通り。良かったのはスモールワールドとチキルーム。あと、夜のウェスタンリバー鉄道と、着席での乗船もよかったです。だんだんとまったり系にシフトしてるのは大人になった(年を取った)証拠です。

あと、ディズニーフードも堪能しました。以下は写真と一言コメントです。

Read more

本「カラフル」

先日アニメ映画をみて感動した「カラフル」の原作を読みました。映画の感想で「実写化すればいいのに」と書きましたが、本の巻末の解説を阿川佐和子さんが書いていて、彼女が母親役で映画化されてたことがわかりました。ただ、ネットで評判がイマイチなのようなので映画は、たぶん見ない。

さて、原作ですが、児童文学だからなのか、非常にライトです。つるつる読める感じ。もう少しひっかかりながら読みたかった私にはやや物足りない感じはありましたが、これはこの作者の方の文章の特徴なのかな。

内容は、映画(アニメの方ね)とほぼ同じ。映画がいかに原作に忠実に作ったかが分かりました。違うのは母親のキャラクターとプラプラのイメージかなぁ。どちらも映画の方が好きな気がする。お兄さんや友達との関係の描き方も映画の方がいい。

なんというか、映画を先に見てしまったために純粋に原作の「良さ」みたいなものがわからなくなったかも。この作品は、話が進むにつれて登場人物の心がだんだん明るみに出てくるという展開なので、原作を先に読んでしまっても、映画を先に見てしまっても、後の方がつまらなくなってしまいそう。

私は映画を先に見てしまったので映画をお勧めしますが、原作も評判がいい作品なので、本に先に出会った方には本もお勧めします。

東大病院デビュー

今日はお休みをいただいて東大病院に行ってきました。先月、通ってたクリニックが無くなるということで、そのクリニックに非常勤で来ていた東大の先生が引き受けてくださったのでした。

初めて行く東大病院。直線距離だとうちから近いのですが、電車で行くと駅からどこも少し歩く模様。雨だし、筋肉痛がひどいので、上野からバスで行くことにしました。バスは上野駅始発だったのですが、大量の高齢者が次々と乗り込むので、「もしや」と思ったらみんな一斉に「東大病院前」で降りました(笑)。私もお仲間です。

総合病院は祖父、祖母、父の付添で何度か行ってるので今さらその規模やシステムに驚くことは無いだろうと思ってました。が、あれこれ驚いてしまったよ~!

まず驚いたのが受付に掲示されてた本日の予約患者さん。その数約4,000人。1日で4,000人の予約って…。本当に大きいんですね!東大病院。

Read more

陣馬・高尾縦走ハイキング(9/26)


昨日は義兄tkさんのお友達主催による「陣馬・高尾縦走ハイキング」に参加してきました。私にはとてもきつかったので筋肉痛になるな~とは思ってたのですが、今朝からの筋肉痛は半端ないものになりました。手すりなしで階段降りられない(笑)。今日は別件で休みを取ってたのですが、明日の通勤が不安。。。

さてさて山登り+ハイキングですが、今回連れて行っていただいたのは、まず東京高尾山の隣にある陣馬山(857m)に登り、尾根伝いに移動して高尾山(599m)に向かうというコースでした。全長18.5km。(→コース説明はこちら。)…陣馬山は知らなかったのですが、中高時代の友達曰く、学校で登っているはずとのことでした。

集合は高尾駅に8:30。男性4名、女性5名の総勢9名の団体です。そこからバスに揺られること30分くらい。陣馬高原下というところに着いて、9:30くらいから陣馬山登山開始です。

Read more

ロボットプロレス「できんのか!6」を観てきました


秋葉原のロボスポで開催されたロボットプロレス「できんのか!6」を観てきました。「できんのか!」は初観戦です。なかなか都合が合わないのと、自分自身、あまりプロレスに興味が持てないのが理由で今回が初観戦となりました。

最初から最後まできっちり観て思ったのが、やっぱりプロレスはあまり興味が持てないな、ということと、でも思ってたより面白かったということです。

Read more

女の武器

職場に、いわゆる「女の武器」を使って仕事をしてる人がいます。仕事で成果を残してれば評価する人もいるんでしょうが、そうじゃないから困った。

実害をこうむってる人たちにとっては、腹立だしい存在以外の何者でもないでしょう。しかし、一回り外からそれを眺めてる私からすると、その仕事を振り回すくらいの「女力」もすごいなぁと思ってしまうわけです。たぶらかされる男の愚かさを論じるのは面白くなくて、「女力」に注目するのがポイントです。

以前から、男性におごってもらったり、プレゼントをもらう女性はすごいと思ってました。お金や物が欲しいということではないのだけど、それでも相手に「お金/時間/労力」を使わせる何か「力」がそこに働いてるんですよね。それが「女力」であれば、それを持っていない私は、持っている人に対して純粋に「すごいな」という気持ちがわくのです。

色気も愛嬌も足りないのだけど、今からこれを鍛える方法はないかしら…。仕事で悪用はしないからさ(笑)。

それにしても。NHKで30代の格差問題取り上げてるけど、職場でこういうしょうもない人たちを見てると理不尽だなって本当に思います。