MRIの結果

   

今日は午後休をいただいて病院に行きました。先日撮ったMRIと血液検査の結果を聞きに…。

気分がいいわけがありません。だって、先生が「気になる点がある」とかいって検査することになったのですから。しかも火曜日なら東大の専門の先生が診てくださるということで、エスカレーションされたようなものでしたから…。

心配し過ぎてもよくないので、気にしないようにはしてましたが、待合室では心臓バクバク。魚のように口をぱくぱくさせて深呼吸を繰り返す始末でした。

診療室に呼ばれて初めてお会いした先生。おじさん先生なのですが、明るく淡々としている方だったので救われました。そして言われた一言が

「変わってないね~」

…ほっ!!!

良くなってないのは残念ですが、悪くなってなくてよかった!どうやら病巣自体に変化はないようです。むしろ血液検査の方は、基準値内におさまっていたので、やや改善された模様。(あくまでも参考値なのですが。)

杞憂だったのか~。良かった。

そしてさらなる事実が明らかに。なぜこの先生に診てもらうよう指示されたかというと、このクリニックが10月ごろに閉鎖されるからだというのです…!

以前から、手術までの段階になった患者さんは東大病院を紹介されていたそうなのですが、私みたいな軽度?の患者はこのクリニックで経過観察でした。それがクリニックが閉鎖してしまうので、ある程度の患者さんは東大病院の方で先生が引き受けてくれるというのです。慣れたクリニックを去るのは少し残念ですが、大学病院の方が安心かもしれない。

というわけで来月から東大病院に通院です。平日の昼間に行かなきゃいけないのが痛いですが、一ヶ月に一回くらい仕方ないでしょ。

ちなみに、今までのカルテをすべてコピーしたものとMRIのフィルムを渡され、来月東大病院受診時に持って行くことになりました。カルテのコピーは封をされていて読めないのですが、MRIは診断結果と画像が見られます!実は前回の結果は診察室で説明を受けた時に見ただけで、よく見られなかったんですよね。

今回は心おきなく見られる…!!と思って母親と眺めてたのですが、何がなんだかサッパリ(笑)。お医者さんってやっぱり偉大だわ。

そして親にはやはり「東大」というネームバリューが効いたらしく、安心してくれました。それもよかった。

Google Adsense

 - 健康&ダイエット