漫画「風の谷のナウシカ」

人に勧められた「風の谷のナウシカ」の漫画を読みました。全巻大人買い&一気読みです。

確か、小学生くらいの時に映画を見て、中学生くらいのときにアニメージュで連載を少し読んでたので、映画→原作だと思ってました。でも全7巻でアニメージュ掲載年月を確認したら、10年以上連載してたみたいですね。だから映画が最初の1、2巻なのかな。

コマ割が比較的単調で、ひたすら手で描き込まれた画面は、まるで絵コンテです。しかし猛烈な描き込みと、猛烈な展開と、壮大なストーリーで圧倒されまくり。改めて言うのもおこがましいくらいすごい漫画でした。

話はひたすら戦争、戦争で、残酷な展開にはやや憂鬱になります。それでも魅力的なキャラクターたちと、腐海の謎を解いていくという壮大なストーリーを追っていくうちに、すっかり物語とその世界観に取りこまれました。

ちなみに前半はナウシカに激しく萌えましたが、終盤はカリスマ過ぎて神がかった印象を受け、なんだかイメージが離れてしまいました。終盤はナウシカよりユパ様に萌えたかな。あと、オームを見る目も変わります。子供のころトラウマだった(笑)オームが美しく見えてきます。

なににしても、読んでよかった~。
映画も素晴らしいけど、こういう力のある漫画は久しぶりに読みました。

子供のころ、母親の実家で黙々と「火の鳥」を読んで、よく理解できないけれど圧倒されて、心が何かにぐっと掴まれてる感じを思い出しました。