奨学金という借金

   

最近知ったこと…。奨学金で高額な借金を抱えている人って世間に意外といるんですね。数百万円という金額に驚きました。(多い人だと600~700万とか…。)

「奨学金」といえど借金は借金。ギャンブルや贅沢に使ったお金ではなくても、返さなくてはいけないお金です。ネットで検索かけたら結構話題になってて、やはり結婚の際に問題になっているようでした。自分が奨学金の返済抱えているケースと、その逆のケースの両方の相談がちらほらありました。

中には「私は結婚するとき奨学金を全部返しました」とすごく胸を張ってる女性がいて、正直「当り前じゃないか」とか思いましたが、金額によっては返せないものかもしれません。



私が借金を嫌う理由に、単純にお金を借りる行為が嫌いだったり、利子を払うのが嫌だというのもありますが、一方で貯金や投資によってお金を増やす機会も失う、というのがなんとももったいないと思うのです。初心者向けの投資の本に書いてありますが、住宅ローンがある人は、その金利を上回るリターンを得られないなら、投資してないでさっさと借金返済したほうがいいのです。つまり、借金はそれだけ資産を増やす機会を減らす可能があると思います。(無利子だったら返済後回しにして資産増やして返すという手もあるけど、借金残したまま投資するってリスクあるよねぇ。)

私は実家が東京にあって、大学までの授業料はすべて親が払ってくれて、学生時代に奨学金をもらうなんてことはまったく考えたことがありませんでした。すごく幸せでありがたいことです。

そんな奨学金がいらない環境で育った私が言うのはずるいのかもしれませんが、やっぱり借金は借金。借金がある人と結婚とか…まったく考えられないなぁ。その借金を負ってもいいくらい自分に余裕があれば別だけど…。(ありません。例えば100万円だったら、100万円貯めるのがどれだけ大変か考えてしまいます。)30歳で年収くらいの貯金はないといかんて言うけど、借金あったらマイナスだよね…。それに、住宅ローン組む時とかネックにならないのだろうか。

まー、そんなわけで、私は奨学金といえど、借金だと思っていて、あまりポジティブにはとらえていません。(むしろネガティブ。)男であろうが、女であろうが、結婚前には精算したほうがいいんじゃないかな、と思います。(もちろん、個人的な見解です。)

しかし最近は就職難で、大学卒業しても奨学金が返せなくて困ってる、もしくは基金が回収できなくて困ってるらしいですが、そもそも奨学金の在り方とか、学校の在り方とか、そういうものも気になるところです。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - マネー関連