いわゆる「結婚相談所」に行ってきました

   

いわゆる「結婚相談所」に行ってきました。
このネタ、ブログに書こうかどうしようか迷ったのですが、興味持ってる友達多そうだし、書くことにしました。

週末に家に来ていた姉から、「ええ加減にせい」と延々と言われました。ええ加減にせい、というのはもちろん「結婚」のことです。自分の年齢を考えていろんな人に会ってみろというのです。その出会いの機会の一つに、結婚相談所を一度試してみたらという話になったのです。


いや、結婚相談所自体の話はだいぶ前から出てたのですが、いかんせん値段がそれなりにするので二の足を踏んでたのでした。しかしお金を払うからこその安心感や、お互いの真剣度が上がるという考えもあり、とりあえず説明だけ聞いてくることにしました。

ネットと電話でカウンセリングを予約。約束より早く着いてしまったのですが、カウンセラーの方が快く対応してくれました。

まずはサービス内容の説明。ざくっと会社の説明があった後、どいういうシステムで人を紹介してくれるかの詳細な説明がありました。月に数名紹介があるのですが、それはお互い条件にマッチした人のみだそうです。そして興味があれば、コンタクトをとるというものでした。それがサービスの基本の紹介システムなのですが、その他に会社が企画するパーティーやイベント、機関誌でのお相手募集、個別マッチングなどの有料オプションがあるそうです。

一通りの説明の後、実際私の希望に会う人がどれくらいいるかのシミュレーションを見せてくれました。(これ、楽しいです。)

まず、私自身のプロフィールを入れます。年齢、年収、身長、体重、お酒と喫煙、結婚歴、居住地など。この私のプロフィールで「OK」という人たちを全国の人から絞り込みました。それが1,700人くらいいました。

ここから今度は私の希望で人数を絞り込みます。年齢、年収…など、次々と希望を入れて絞り込んでいきます。そして出た結果が500人くらい。これは、お互いの条件がマッチする人が500人ということです。ふわー。いいかも(笑)。

ちなみにこの絞り込みの結果が200件を下回ると登録できないそうです。会社にしてみれば、紹介できる人がいないと紹介が成り立たないので致し方ないかと。あまりにも条件が多い人、自分の条件があまり良くない人はたまにそうなるそうです。

私は検索結果の人数の多さに満足して、気分がよくなりました。なんかいい人が見つかりそうな気がしちゃうもん。

そして渋い料金の話。
いや、ほんと渋い(笑)。

でもとりあえず仮契約しちゃいました。後は必要な書類をそろえて、入会金を支払った時点で正式入会となり、紹介が始まります。

今度どうするか、どうなるかはまだわかりません。今日はとりあえずカウンセリングのご報告まで。続きをここで公表するかどうかもわかりません。

…それにしてもさ、子供のころは自然に出会った人と自然に一緒になるもんだと思ってました。それがこんなに(私には)難しいことだと思わなかったです。

もう「いい人いないかな~」とかぼんやり言ってる年齢じゃないよ。ほんと。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他