専業主婦

子供のころは自分の親がロールモデルで、大人になったら専業主婦か、もしくはそれに近いものになると思っていました。しかし大人になるにつれ、色気の無さや家事能力の低さから「すてきな奥さま像」は自分には描けなくなりました。世間的にも女性の社会進出に伴って共働き夫婦が増加。

そしてさらに、リーマンショック以降は経済的な事情から働きに出る奥様が増え、むしろ専業主婦というポジション自体が幻想なんじゃないかと思うようになりました。もうすぐ貸金業法が変わって専業主婦はお金が借りにくくなるし、第3号被保険者を扶養者や独身者が支える仕組みもいつまでも続かないのでは…と思うと、専業主婦はますます厳しい立場におかれる気がします。働く女性の専業主婦叩きみたいなのが一昔前にあった気がしますが、もうそういう論争が成り立たなくなりそうなくらい専業主婦であること自体が難しくなりつつあると思います。

だがしかし、そういう変化の中でまたもや逆を言いたくなる天の邪鬼。

専業主婦っていないと困りませんか。

Read more