本日転院しました

今日はお休みをいただいて父の転院を手伝ってきました。朝、母と「ゲゲゲの女房」を見てから出発。

病室に着いてから父の荷物をまとめ、退院の手続きをし、ナースステーションに挨拶して出てきました。なんだかんだちょうど一ヶ月お世話になったこの病院。私は週一回程度しか来ませんでしたが、それでもなんとなく愛着がわいてました。父も「またお世話になります」なんてつい言ってましたが、もう戻ってこないと宣言するのが正しい姿勢でしょう(笑)。

タクシーに乗って転院先の病院へ。車中親子三人で冗談を飛ばしあってたら運転手さんもノってきてなかなか賑やかな移動でした。

無事次の病院に着き、入院手続きをして病室へ。この病院は公立なのですが、建て直したばかりとあって超キレイ。いたずらにデザイン性も高く、どこかサイバーチック。(好みを言えば、少し落ち着かない感じで好きではない。)入院荷物をあちこちに配置し、準備も整いました。そして担当の先生と看護師さんとお話しして、母と私は病院を後にしました。

夕方再度病院に行った母の話によると、この病院で父は自由行動をかなり許されたそうです。(前の病院は基本ベッドで、トイレも看護師さんの見守りが必要だった。)そしたら困ったことに、早速売店でお菓子を買って食べたらしい。食事制限があるにも関わらず…。まったく、子供じゃないんだから…。母親は怒ってお金をあまり置いてこないことにしたらしいです。

病院の食事がまずいのはかわいそうだし、気持ちもわかるんだけど、これじゃ治療の意味がない。今から帰宅後がまた心配になりました。