映画「アバター」

ジェームス・キャメロンの「アバター」をようやく見てきました。ほおっておいて、気がついたらもうブルーレイ発売なので慌てて行ってきた次第。でもいわゆる自分のタイプの映画ではなく、チケット当たったし、話題になったので見てきた感じではあります。(ちなみにチケットが一枚余っていて周囲に声かけてるのですが、反応なし。もう見ちゃったか、興味ないかに二分されてる感じがこの映画の評価を表してる気がする…。)

公開当時、すごく評判が良かった印象があるのですが、私的には興味がない人には勧めないけれど、少しでも興味あるなら絶対映画館で3Dで見なさいと伝えたい作品でした。というのも、ストーリーがいまいちです…。一方で映像と音楽が素晴らしいです。ストーリーにイライラしつつも、迫力と奥行きのある絵と音にぞくぞくさせられます。だから家の普通のテレビで見てしまったら、つまらないストーリーだけの作品になってしまう気がするのです…。

以下、興味のある方だけ続きをどうぞ。

Read more