ショートステイ施設に軽く閉じ込め

   

今日も5時起き定時ダッシュ。会社を出て母に電話をすると、祖母の洗濯物を施設から取ってきて欲しいとの指示。幸い祖母が今ショートステイで入ってる施設は地元駅から近いので、軽く寄って帰ってこられます。

18時過ぎに着いたらちょうど夕食の時間だったらしく、居室があるフロアにはだれもいませんでした。いつもは職員の人が一人くらいはいて、その人に洗濯物が入ってるロッカーの鍵を開けてもらうのですが、どんだけ呼んでも誰もいない模様。

どーしよーか、ととりあえず祖母のロッカーを見たところ、鍵が開いてる。…いいかなぁ、と思いつつ洗濯物回収です。

で、問題はそのあと。
この施設、エレベーターにも鍵がかかってるんです。

職員の人に鍵を開けてもらわないと、エレベーターのボタンが押せません。試しに何度か押してみましたが当然ダメで、他の出口を探しました。外や階段へ続くと思われる扉がいくつかありましたが、全部鍵穴があって中から出られません。

ぐわー。閉じ込められたー。

実は以前、父も同じ目に合ってました。その時どうしたか聞いてなかったので、仕方なく母の携帯に電話。そしたら病院に行っていた姉が出て、父親から暗証番号で鍵が開く扉と、その番号を教えてもらいました。出られた…。

あやうく夕食の時間が終わるまであの施設に閉じ込められるところでした。ふぅ。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他