不景気な話

   

今日はちょっと残業だったのですが、帰り際に会社の不景気な話をたっぷり聞いてしまいました。景気のいい話なんてほとんど聞かない昨今ですが、あまり身近では聞きたくないものです…。(ましてや自分の職場。)

リストラの話になって、正社員の解雇はなかなか難しいと聞いたのですが、ようやく非正規雇用の立場は理不尽だなぁと思うに至りました。少し一緒に仕事したことがある契約の人が3月で契約終了だったり、つい先日友達(たしか契約だった)が育休明けに解雇されたと聞いたり。ちょっとショック。…自分のことも含めて、意外と身近に「非正規の解雇/打ち切り」がなかったんだと今さら実感です。

よく、同一労働同一賃金の話題で、非正規と正規雇用で仕事の違いがあるとかないとか騒いでますが、私が見てきた限りでは、あるところも無いところもある。あと、正社員の方が仕事ができるかどうかについても、出来る人も出来ない人もいる。

よーは、正社員という単なる身分制度だけで組織を形成し、仕事の中身を見ないでまわそうとするから理不尽なのかと。極端な話、中間管理職以下は全員非正規にして、同じ土俵で戦わせてみたらどうなのだろう。そしたら本当に実力がある人が上に上がれないだろうか。会社への帰属意識とか忠誠心とか、そんなものは若い人ほど薄れてきてるだろうし。新卒からそんな魂を期待して育てても3年で辞める人はやめる。

仕事できる人には残ってもらって、うまくいかない人には他に行ってもらう。仕事できる非正規と、できない正規がいたら前者に残ってもらいたいでしょ。利益を追求するなら雇用形態関係ないでしょ。普通に経営考えたらそうならないのでしょうか。あ、解雇規制がまずいのかな?やっぱり。でもね、仕事はできる、できないだけじゃなくて、合う、合わないもあるんだから、無理して合わない仕事や職場にしがみつかず、自分を必要としてくれるところを探す方が幸せなこともあると思います…。

まぁ…本音を言うと、こんなこと言うのはいろいろもやもやしているという背景もあるのですが(笑)。自分は守られてる立場から発言しているという思いはないです。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 時事ネタ