「第九」の思い出

   


年末に東京藝術大学の奏楽堂で歌った「第九」のCDが出来上がったので、受け取ってきました。受け取り場所に行ったら写真もずらりと並んでいて、奏楽堂での練習風景、本番写真、打ち上げ風景などなどいつの間にやら写真が撮られていました。

この頃紙焼きの写真は管理しきれないので遠慮したいのですが、見てたらやっぱり欲しくなり、ソリストさんたちの写真、奏楽堂の舞台の写真、歌ってる自分の写真(ただし目つぶり…)と3枚注文しました。ソリストさんの誰か有名になったらこの写真はいい思い出になるな~(笑)。

CD受け取りと写真の会場では、練習を通して一番仲良くしていただいたK子さんにも会えました。久しぶりにおしゃべりして、また今年も「第九」で会いましょう、といって別れました。

そして帰宅して、早速「第四楽章(合唱付き)」だけ聞きました。残念ながら音が非常に小さくて、なんとなくこもっていて音質はかなり「???」なのですが、オーケストラと合唱の演奏は想像してたよりずっーと素晴らしかったです。(歌ってると全体のハーモニーは聞けないので、奏楽堂での演奏はこのCDで初めて聞きました。)合唱でメインの旋律には思わず涙ぐみました(笑)。

いいねぇ。「第九」。
今年も応募しますよ!ちょっと気が早いけど。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他