2009年を振り返る

今年もあと1時間ほどになったので、簡単に2009年を振り返りたいと思います。

今年はなんだか印象が薄くて、何したっけ…という気分です。すごく良いことはなかったけど、悪いこともなかったので、幸せな一年だったのだと思います。

そうは言っても、振り返るために無理やり思い出してみたイベントが、「FPの勉強をしたこと」、「一人暮らしをやめたこと」、「第九への参加」の3つです。

FPの勉強はとても面白かったです。結果が伴ってませんが(笑)一応勉強したことは無駄になってない気がします。法律や制度は刻々と変わってますが、また折をみて勉強できたらな、と思ってます。

一人暮らしをやめたことについては意外とインパクトが薄いです。というのも、戻ってきた途端すぐに実家に馴染んでしまい、一年とはいえ一人暮らししてたこと自体が夢の中の出来事のようになってしまいました(笑)。まー、どうであれ一人で生活するシミュレーションができたのはすごく有益でした。自分自身の不安が払拭できたという意味で、自分には意義深い一年でした。

最後に「第九」。これは終わったのが直近すぎて一番インパクトが強いのですが、参加してとてもよかったと思ってます。これを機会に音楽への関心が深められたらと思っています。

そんなわけで、とても幸せな一年でした。
出会った皆さん、いつも一緒にいてくれる友人、知人、家族に深く感謝いたします。
ありがとうございました。
皆様どうぞよいお年をお迎えください!

歌の力

大晦日のテレビ、皆さんは何をご覧になってますかね。

私は紅白のスーザン・ボイル、NHK教育のN響の「第九」にくぎ付けでした。「第九」を録画しながら鑑賞しつつ、紅白でスーザン・ボイルが登場したら飛んで行って両親の部屋でその歌声を楽しみました。

私は中学高校時代、ミュージカルが好きで、「レ・ミゼラブル」の歌である「I dream a dream」もテープが擦り切れるくらい何度も聞きました。スーザンさんが歌うことで人気が出て、カラオケに入らないかな~とレベルの低い期待をしております(笑。レ・ミッズでカラオケに入ってるのは「On My Own」だけなので。)

「第九」ですが、タイミングが悪いことにメインの部分は紅白を見てて聞き逃しました。録画したので後で見ます。ソロはプロの方々でしたが、個人的には一緒に歌った藝大の学生さんの歌声の方が好きだなぁ。生で聞いちゃったからでしょうか。それでも合唱部分は各所感動しました。

某キャッチフレーズじゃありませんが、歌の力ってすごいですね。「第九」の合唱は、ベートーベンが楽器の一つとして「人の声」を選んだそうですが、決して楽器には出せない唯一の響きがそこにあると思います。

歌う力を持てるようになりたいかもー、なんて思っちゃった大晦日でした。

デジカメ購入&処分


今日は大晦日だというのに秋葉原と有楽町を二往復くらいしました。でもってデジカメ1台購入&3台処分、外付けHDD破壊処分、といろいろ片づけました。

デジカメは3台持っていたのですが、2台は7年くらい前の古いもので、1台は3年前に購入したものの、あまり気に入っていなかったものでした。部屋を片付けているうちにどーしても古い2台は年内に処分したくなり、一番いい処分方法を検討しました。

いろいろ調べた結果、1台は売っても値段がつかず、1台は100円で買い取り可能でした。なので新しいデジカメを買うことを決め、値段がつかない1台を下取りに出し、100円の方は売ることにしました。下取りは3,000円の割引をしてもらえることになりました。

さらに、新しいデジカメを買ったので、3年前の方も売ることに。こちらはなんと6,000円になりました。(ありがたーい。)

結局、新しいデジカメを1台買い、古いデジカメ3台を処分したことになります。このタイミングで新しいデジカメ買ったのはやや予定外でしたが、古い機体を燃えないゴミに出さずにきちんと処分できたので気分すっきり!…ちなみに買ったのはリコーのCX2です。光学ズームは10倍くらいあるし、マクロで「なんちゃって一眼レフ風」が楽しめそうで、使うのが楽しみです。

「カンボジアONE」からメール

秋口に出資した日本初のマイクロファイナンス「カンボジアONE」からもろもろの報告メールが届きました。

最終的な出資者は293名とのこと。意外と少ない?多い?

で、この出資者の名前一覧が現地のマイクロファイナンス機関サミックのシェムリアップ支店に掲示されるそうです。おおお。だれかカンボジア行ったら写真撮ってきてください(笑)。

あと、1ドル=87.21円(為替手数料込)という円高タイミングの両替に驚きました。これは喜ぶべきでしょう。

うーん。やっぱり普通の寄付よりこっちの方が私自身の関心が高まっていいかも。

ノートPC処分


7年使ったノートPCが寿命を迎えたので、処分しました。メーカーのリサイクル受付に申し込みをして、処分費用3,150円の支払い。送られてきた着払い伝票で郵送しておしまい…というわけにはいきません。

ハードディスクですよ。ハードディスク。

いくら信頼できるメーカーに処分を依頼しても、データの消去はこっちの責任。つまり、処分の際にデータの漏えいがあっても処分側に責任はないのです。かつてデスクトップを処分したときはどうしたかよく覚えてないのですが、(引っ張り出して物理的ダメージ与えた記憶あり。)今回もきっちり自分で処分をする必要があります。

Read more

映画「こまねこのクリスマス」

某所からDVDお借りしました。「こまねこ」に新作が出てたとは知らなかった。

前回の劇場版も同じことを思ったのですが、「こまねこ」はストーリーうんぬんよりキャラクターとキャラクターの表現が素晴らしいと思います。今回もこまちゃんの涙目に一緒に涙目になりました(笑)。とても繊細な表情づくりが素敵です。私はこまちゃんのアップ画面に作り手の愛情とか魂を感じます。

あと、今回のお話では、落ち込むこまちゃんを励ますラジボーに萌えました。いいぞ、理系男子ラジボー!ドライバー抱えて寝こけてるシーンとかすごくかわいい。

じんわり、「いいなぁ」と思える作品でした。チェブに対抗できるジャパン・コンテンツは合田作品かも!

「三越の第九」終了

「三越の第九」が無事、終了いたしました。

会場は座席が埋まっただけでなく、その周りにも人があふれていました。さらに、日本橋三越の中央ホールは吹き抜けなのですが、各階から上からもお客さんがご覧になってました。その光景を見ただけで感動しました。2回の公演で2,000人を超す方がいらしたそうです。

Read more

高専ロボコン全国大会放送

夜、年賀状を書きながらテレビで高専ロボコンのテレビ放送を見ました。(大会観戦の感想についてはこちらをご覧ください。)

番組ですが、いつもの山田五郎ではなく加藤浩次の進行にびっくりしました。なぜ加藤浩次?さらにゲストがモーニング娘。でした。いつもの山田五郎さんのうんちく無くて大丈夫かな、と思ったのですが、加藤浩次は進行うまいし、ホンダの広瀬さんのコメントが技術的な視点をしっかり支えていて、全体としてバランスはよかったです。モーニング娘。は画面に花添えてたしね。

番組冒頭は試合じゃなくてロボットの紹介ばかりで「んー?」という感じでしたが、後半はしっかり名シーンをまとめていてほっとしました。

個人的にやっぱり萌えたのは大阪のオバチャンバラと、ロボコン大賞の広島商船高専の女の子二人でしょうか。オバチャンバラ、アップで見たら黄色いオバちゃんが自分に似ている気がして、妙に親近感がわきます…。

広島商船高専の女の子二人は、小学校からの付き合いなのだそうです。先輩達が卒業してしまい、本当に二人だけでロボットを作りあげたそうです。そしてロボコン大賞を勝ちとったことについて、技術的な能力や努力はもちろん素晴らしいのですが、私はなによりも二人の強い絆がうらやましいと思いました。しかしべたべたしておらず、むしろドライな感じが面白くてかっこいいです。来年も頑張ってほしいです!

…スタジオで学生の一人が「彼女いません、彼女欲しいです」といった発言してましたが、私が学生の時にロボコン頑張ってる高専生を見たら、その辺の男子高生よりずっとかっこいい!って思っただろうと思います。男の人って、何かに打ち込んでる、何かに夢中になってるところが魅力だと思います。出会いのチャンスが乏しいだけなんだよ~(笑。そこが重要?)。

高専ロボコン、また来年の大会を楽しみにしてます!

年賀状と「第九」練習会

今日、日中は年賀状の準備をしました。作画は下書きのスキャンは終わってて、色塗りと仕上げだったのですが、遅々として進まず…。結局印刷が終わったのが先ほどでした。あて名とメッセージ書きは明日以降なので、元旦到着は…厳しいかもなぁ。ごめんなさい…。

夜は「第九」の練習会に行きました。練習会、といっても歌ったのは一度だけで、会場での立ち位置や、入退場の確認がメインでした。

明後日29日(火)、日本橋三越で「第九」演奏会があります。第四楽章の合唱部分だけを抜いたものなので、短くて聞きやすいかと思います。また、会場は5フロア吹き抜けのホールなので、音もよさそうでした。(正面から聞いてないので全体のバランスはわからないのですが、音が抜けて響いている感じはいたしました。)

12時30分と14時30分の二回、本館の中央ホールにて開催。入場無料でイスは多少ありますが、10時の開店と同時に席は埋まるそうです。ですが、吹き抜けなので他のフロアからも聞こえるかもしれません。もしお近くに来る予定がある方いましたら、ぜひ聞いて行ってください!

忘年会で衝撃のピンドン登場


今日は日中うどんを食べに行った後、夜友達のたんばの家で忘年会をやりました。話はいろいろあるのですが…一番の衝撃はピンクのドンペリを飲ませていただいたこと。正確な名前は「ドンペリニヨン・ロゼ 1980 Dom Perignon Rose」(750ml)で、たんば家で飲まないのでみんなで飲む?と頂戴いたした次第。

まるでホストクラブ!(笑)と盛り上がったのですが、みんな正確な値段は知らず、ともかく凄いに違いない、と、普段飲まないばふ、るーさん、私もいただきました。
で、味なのですが…

おいしい!

普段飲まない私がコメントするのもなんですが、ほんと、おいしい。もともとモエのシャンパンは(飲めないくせに)好きなのですが、このロゼは見た目がファンシーなだけでなく、お味もファンシーでぐいぐいいってしまう。そして無理して、ひっくりかえって一時間くらい他人の家で寝ておりました(笑)。(気分悪くなるまでいかなかったのですが、顔が白くなって、そのあと赤くなって、まぶたが降りてきた。)

いいお酒いただいた~と上機嫌で帰宅したのですが、興味半分でネットでお値段調べたら…10万円。

ヒエー(笑)。
結構あっという間に飲んでしまいましたよ。
私みたいなのが飲んですみません、という感じですが、それでもいい経験をいたしました…。ご馳走様です…!