映画「THIS IS IT」二回目

マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」二回目行ってきました!「ムーン・ウォーカー」を観た後から二度目に行くか迷ってたのですが、会社の人が「二度見た」というのを聞いて、最終日の今日慌てて行ってきました。

「THIS IS IT」の観客動員数は日に日に増していて、ここ一週間くらいは平日の夜や週末は満席の映画館も多かった模様。そして私が今日見た回も、朝の時点で満席になったそうです。私みたいに二回目以上組が結構いたのかも。

そして二回目は、想像通り一回目より感動しました…。一回目はマイケル・ジャクソンのことをほとんど知らず見て、何かに圧倒されつつどこか漫然として見ていたのですが、二度目はもっと全体のストーリーをとらえ、一曲一曲をきちんと楽しめた気がします。インタビュー、舞台用の映像、リハの映像と、映像の組み立て方とかよくできてるなぁと思いました。3回くらい泣いたかな(笑)。

マイケル・ジャクソン自身のパフォーマンスは当然素晴らしいのですが、二度目でしびれたのはバックダンサーやシンガー、ディレクターや音楽担当者などなど、彼と一緒に舞台を作り上げる人たちのワーク。そしてこれだけの人材を集め、その舞台を盛り上げたのもマイケル・ジャクソンの力なんだなぁ、と。

前回も書きましたが、リハーサル映像をメインにした作品とはいえ、本当に迫力があって音もよく、映画館で見るには非常に惜しいです。私の近くの席の子供は曲が終わるごとに拍手をしていて、「ビート・イット」ではマイケルに合わせてぶんぶん手を振ってました(笑)。それを見て思わず私もリズムとっちゃいました。本気でon air east、クアトロくらいのライブハウスでスタンディングで見たいです。

そして豊洲でも最後に拍手が起きました。私も惜しみない拍手を送りました。