マイクロファイナンス

おとといメールが来ていて急に思い出したネタ。日本初のマイクロファイナンス「カンボジアONE」に参加しました。

一人暮らしを始めた際、経済的にきつくて寄付をやめたのですが、実家にまた戻ってまた寄付を検討してました。ですが、なんとなく寄付がつまらないなぁと思っていたのです。そこに登場したのがマイクロファイナンスの「カンボジアONE」。難しいことはよくわからないのですが…ようは寄付ではなく、「投資」です。カンボジアで経済的に厳しい生活を送る人たちに資金を提供し、ビジネスを興してもらうのが目的です。

一人暮らし前はだいたい年間5万円を目安に寄付してたので、今回は一口3万円を2口、6万円投資しました。3万円が18人のビジネスにつながるそうなので、6万円で36人のビジネスのスタート資金となります。もちろん、投資なので、期限が来たら返してもらいます。ただしプラスになるかもしれないし、元本を割るかもしれません。でも儲けが目的ではないので、元本が割れても構わないし、結果としてビジネスが成り立ったのかどうかが最大の関心事です。結果は3年後になりますが、楽しみです。

ところで某経済情報サイトがしきりに社会貢献ブームが来ていて、来年あたりブレイクするというコラムを載せてましたが、私の周囲にそういう空気は感じられません。寄付に対する考え方はそれぞれだと思うのですが、税金が強制的な富の再分配だとすれば、寄付は自主的に考えることができる再分配の方法だと思います。今、自分の生活がぎりぎりかと聞かれれば、多少でも貯金する余裕はあるし、そうなったら多少の余剰資金は別のところにまわしてもいいんじゃないかと思います。ちなみに私には別に宗教的な思いはないですし、当然寄付金を税金対策にするほど収入もありません(笑)。