たばことアルコールとお菓子?

昨日の朝のNHKでたばこ税の話題の後、アルコール依存症の話が出てました。50代でアルコール依存症を発症する人は、実は40代のうちから罹患していて、何年もの間気付かないまま病気の状態が放置されていることがわかった…という話でした。お酒の量が多かったり、夜、お酒がないと眠れない…といった人は要注意らしいです。

職場で、たばこは吸うけどお酒は飲まない人が、薬とアルコールは似ていると言ってました。どちらも常習性ががあり、人格に影響することがあるからだそうです。たばこを肯定するわけではありませんが…言われてみると、アルコールでおかしくなった話は聞いても、たばこで人格が変わったというのは聞いたことありません。(あるのかなぁ。)たばこ税の話にしても、お酒よりたばこの方が悪いといったイメージがありましたが、実際のところお酒も飲み方が悪いと相当危ないものなんじゃないかと思うようになりました。

ちなみに私はたばこもお酒もたしなみませんが、お菓子の消費量が極端に人より多い気がします。いずれ健康被害に結び付くような恐れも抱いていて、私のような人間にはお菓子税があったほうがいいのかも…なんて思ってます…。