仕事…

   

私の仕事は直接お客さんと話をするような仕事でも立場でもないのですが、今日は成り行きでお客さんと電話で話す羽目になりました。親切というか、こちらがうまくいかない状況を理解してくれるお客さんだったので、その電話自体になんら不快感はなかったのですが、どうにもこの役回り自体に納得いかなくてうつうつとしました。


つまりこれは私の仕事なんだろうか。私のレイヤーの仕事なんだろうかってことです。電話の後に問題解決のために社内の役員レベルの人にも連絡取らなくちゃならなくて、これまた私のレイヤーの仕事なのかと。

以前もここに愚痴った後非表示にした記事に書いたことなのですが、私は自分の立場に見合わないと(自分が)思ってる仕事に対し、強い拒絶感があるようです。それは絶対的なことだけじゃなく、相対的に自分より職位の上の人たちがそれをやらないことに憤るわけです。(私より待遇が上の人の方が簡単な仕事をしてる…という嫉妬。)

客観的に見るとたいした仕事じゃないので、それくらいやれよって自分でも思うんですが、どうもその辺の気持ちのコントロールがうまくいかないんですよね。いいように使われているような気がしてます。これは多分、それは環境の問題はもちろんあるけど、私のコミュニケーションが下手なのも大きいと思います。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他