所得移転

   

最近、「所得移転」っていう言葉をよく耳にするようになりました。たとえば、国債を発行して高齢者の社会保障を厚くすることは若者から高齢者への所得移転だし、高速道路の値下げや無料化は、車乗らない人から車に乗る人への所得移転みたいな言い方をしてます。ようは税金が特定の人たちに使われることで、その利益を得ない人は利益を得る人にお金をまわしているような構図なのだと思います。

世代間格差の問題にしても、車にしても、子供にしても、基本的には私は取られっぱなしのステータスのような気がする。未来への投資という意味で教育や子供に税金を使うのは賛成ですが、その他は特定のグループだけをひいきしているような印象をうけてなんか面白くないです。

民主党の高速道路無料化案だけど、車持ってない人にも物流コストが下がってそれが価格に反映するメリットがあると言うなら一般の車は無料化しなくていいと思うんですが。考え方間違ってる?

Google Adsense

※当ブログはブログランキングに参加しています→にほんブログ村 子育てブログ

 - 時事ネタ