twitterについて少々

   

昨日Facebookのことを書きましたが、今日はtwitterについて少々。

先日、上司が「海外との会議でtwitterの話が出た」と言っていて、twitterについて調べてました。アカウントを作るのはもちろん、誰か有名人をフォローしていたようです。その他情報収集をしていて、「ポリティカルだ」とぽつり。ちょうどイランのデモでtwitterが話題になった時期で、それとあいまってがその印象が強まった模様。

日本でもtwitterはユーザー数は増えているものの、休眠ユーザーが多いらしいです。(例:私)でも、その背景には国民性というか、歴史的な背景があるとその上司は指摘してました。それが「ポリティカルだ」という言葉に集約されるのですが、日本人って個人の発言/行動で世の中を変えようとか、そういう歴史がない(市民革命とか無い)から、twitterで何をやるかといえば、結局私小説(日記)どまり。これが盛り上がらない背景ではないかとのことでした。ブログはそこで完結しますが、twitterってゆるくリアルタイムなつながりがありますからねぇ。そう考えるとこういうWebツールの流行と社会的な背景の関連性も興味深いです。(難しいけど。)

ちなみにFacebook、使用二日目にして飽きた。SNSはメンバーの相互作用が重要だから、私みたいな受身タイプはすでにそこが盛り上がってないと飽きちゃうんだよね。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 時事ネタ