一人恋愛ヘリクツトーク

   

頭でっかちちゃんは今日もうんうんと考えてばかりです。

今日は男女の付き合うまでの工程について真剣に考えてみた。(←ウケるんですけど(笑)。)


一目ぼれだとか、雷に打たれただとか、世の中に運命的な出会いも皆無ではないですが、基本みなさん、友人・知人としてお互いを知り、親睦を深めてから気持ちを確かめて、お付き合いに発展しているかと思います。

学生時代は割とそれが自然にできる環境。クラス、部活、サークル、学祭(キャッ!)などなど、意識しなくとも出会いや交流が多かった気がします。しかし社会人になってからは、人によって環境やオフの活動で変わってきますが、どこか意識して行動しないとそういう出会いも得られなくなりました。

まー、だから世間が「婚活」などと言い出したわけですが、付き合いだす前の工程でも社会人ってちょっと面倒くさいです。だって学生で同じ学校だったら学校で会って話ができるけど、社会人で違う会社だとわざわざ誘わなきゃいけない。付き合いだす前だと、気がある方がする努力の負担が大きい(笑)。

ようは、気になる人のことをもっと知りたいけれど、その機会を作るのも一山ふた山あるよ~ということです。私も追い込まれるとやるけど、基本ウルトラ・シャイなので厳しい。・・・学生時代に素敵な人つかまえておけばよかったな~。

ところで、自分が好きな人と付き合うのと、自分を好きな人と付き合うのではどちらが幸せですか?

・・・答えは人によって違うと思いますが、私の場合、前者しかありえなかったです。以前、一緒に仕事してた人に告白されたことがあったのですが、そういう気持ちで相手を見たことが無かったので断ったところ、それを聞いた姉に「あなたは人をふるから彼氏ができない」と言われて仰天したことがありました。多分、姉は後者の恋愛で幸せを感じたんだろうと思います。

しかし、好きでもない人とどうやって付き合うのだろう。正直なところ、キスとかハグとかそれ以上のこと(*´艸`*)とかを考えられる人としか恋愛できないと思うのだけど・・・。でもでもやっぱり私の恋愛の敗因はここなのか?!

(姉曰く、ダメと思ったら完全にシャットダウンする態度がいかんそうだ。合コンで携帯番号教えるのをしぶった態度とか後から注意されたし(笑)。今後は、聞いていただけるなら携帯番号、メールアドレス、喜んで(?)お伝えいたします・・・。(今後聞いてくれる人が現れるのだろうか(笑)。))

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他