タオルケットと羽毛布団と

   

タオルケットと羽毛布団のネタです。

先日、洗濯機の取扱説明書を読んでいたところ、毛布やタオルケットを洗うときは専用のネットに入れてくださいとの注意書きがあることに今頃気づきました。この洗濯機、タオルケットを洗うといつも脱水のステップで「ピギャー」と叫び声を上げて止まります。しかも、引越し時に新品だったタオルケットの端が擦り切れてきてしまっています。これってどうなのよ!・・・と思ってところで、ネットを使わずに洗ってた私が悪かったのか。ということになりました。


で、週末、さっそく毛布/タオルケット用のネットを買ってきて洗濯しました。しかし、また止まりました・・・。だめじゃん・・・。恐らくネットは擦り切れの防止にはなりますが、洗濯機の停止回避にはならないようです。(母親に言ったらそんなに頻繁にタオルケットを洗うのがおかしいと言われました。どんな頻度なんですかね。普通。)

次に羽毛布団の話。引越ししてきたときから気になってたのですが、部屋が狭くて冬の羽毛布団をしまう場所がありません。圧縮して無理やりクローゼットに押し込もうかなぁ、と思ってたのですが、調べたところ、羽毛布団は圧縮しないほうがいいみたいです。

しばらくほったらかしにしてたのですが、さすがに暑くなってきてベッドの上で邪魔になってきました。そこで、保管オプションサービスつきの布団クリーニングに出すことにしました。布団を丸洗いしてもらった上で、さらに冬まで預かってもらえます。布団もきれいになるし、預かってもらえるしで助かる~。ちょっとお値段はりますが、他に適当な選択肢もないしな。・・・今日宅急便で送りました。

ベッドはきれいにしておきたいです。寝るときに気持ちがいいもの。梅雨の時期の大物洗濯はしんどいですが、きれいにした布団に入ったときの幸せ感は「むふふのふ」です。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 一人暮らしネタ→二人暮らしネタ